menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 大規模法人の完全孫会社が中小企業特例の適用対象外に
  2. 空撮用ドローンの耐用年数は5年
  3. 企業等に所属する会計士の倫理規則等が改正されるそうです
  4. マザーズから東証1部に市場変更直後に東証2部への指定替え猶予期間に突入…
  5. 消費税10%経過措置Q&Aに追加されたQ&A(基本…
  6. 2018年IPO会社の監査報酬動向など
  7. SO税制拡充は限定的に-平成31年度税制改正
  8. 経営財務誌が選ぶ2018年5大ニュース
  9. 業績連動給与の要件緩和と厳格化
  10. 英国監査法人Big4でのパートナー解雇状況とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

労使協定によって延長できる時間の限度は?

労働基準法上、原則的には1日8時間、1週間で40時間を超える労働は禁止されていますが、労使協定を締結すれば、労使協定によって定められた範囲内であれば時間外労働をさせても違法とはなりません。

しかしながら、労使協定を締結すれば何時間でも時間外労働を行わせてもよいというわけではなく、労働基準法第36条第2項の規定に基づき労働基準法第36条第1項の協定で定める労働時間の延長の限度等に関する基準(平成10年12月28日 労働省告示第154号)によって一定の上限時間が設定されています。

主要な期間の限度時間は以下のようになっています。
1週間・・・15時間
1カ月・・・45時間
3ヶ月・・・120時間
1年・・・360時間

会社の風土や職種によっても異なりると思いますが、私見としては上記の基準を守るのは結構厳しい気がします。

そこで、というわけではありませんが上記の通常の36協定とは別に、臨時的に限度時間を超えて時間外労働を行わなければならない特別の事情が予想される場合には特別条項付36協定を締結することができます。
例えば、経理担当者が四半期ごとに忙しくなり1カ月45時間を超過するようなことが見込まれるのであれば、特別条項付き36協定を締結し限度時間を協定することによって最大年6回まで通常の36協定の時間を超過して労働させても違法とはならないとされています。

そしてこの特別条項付き36協定では特に限度時間の上限というものが定められていません。とはいえ、一般的には過労死認定ラインといわれる80時間が実質的な上限といわれています。

では、この特別条項付き36協定を使用した場合に年間で何時間が上限になるのかですが、最大6回特別条項を使ったとして6カ月×80時間+6カ月×45時間(1カ月の上限)=750時間といわれることが多いと思います。
なお、ビジネスガイドの2014年2月号では一週間の上限15時間を使用して上限を775時間と考えるという見解も示されていました。

平成25年度労働時間等総合実態調査によると、特別条項付36協定における1年間の限度時間の平均は大企業で653時間2分、中小企業で647時間28分となっています。なおこの調査では業種毎に平均時間が示されていますが、一番平均時間が長かったのは「その他の事業」で740時間42分でした。逆に一番短かったのは通信業で565時間でした。

平均で740時間42分というのは、750時間あるいは775時間を超えている会社も相当数あるのかもしれませんが、とりあえず上限と考えられる時間を協定しておこうという会社が一般的ということなのかもしれません。

日々成長

関連記事

  1. あらた監査法人事件?

  2. 電通違法残業裁判-求刑「罰金50万」は何故?

  3. 社外役員の報酬はどれくらい(2017年)

  4. 固定残業代の有効性判断が柔軟化

  5. 「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」に…

  6. ヤバい就業規則(その1)-解雇と自動退職は違います

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る