menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「一般被保険者」の定義解釈を誤り税理士に損害賠償請求
  2. 有給休暇を入社日に分割付与した場合の次年度分の付与日はいつ?
  3. 株主総会資料の電子提供は総会開催日の3週間前からとなる見込み
  4. 有償新株予約権の実務報告-68社中66社が経過的取扱いを採用
  5. 「取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定の再一任」の見直し案
  6. 株主総会の基準日変更-今年は0社(全株懇調査)
  7. SMBC日興証券の元社員がインサイダー取引関与の疑いで逮捕
  8. 外国人従業員が配偶者が複数いると申告してきたらどうする?
  9. 日本取引所のCEOが内規に違反し投資-このタイミングで公表は果たして・…
  10. 年末調整後に配偶者の合計所得見積額が違っていたと従業員が申告してきたら…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「税務署は見ている」-元国税調査官 飯田真弓著

本屋で帯に記載されていた「26年の実務経験を持つ国税調査官が、豊富なエピソードから語る税務調査の実態」に目をひかれ「税務署は見ている」(日経プレミアシリーズ 飯田真弓著)を読みました。

「たちまち大増刷!」ということで、どんなことが書いてあるのだろうと興味津々でしたが、著者が同書の最初の方に書いているとおり「節税対策本ではありません。」また、税務調査に対する裏ワザてきなものが紹介されているわけではありません。

この本の内容を要約すれば、良心にしたがってきちんと納税すれば税務調査は怖くないのできちんと納税しましょう、といった感じの内容です。そのため、グレーな部分をどう考えるかというようなことを期待すると期待外れの内容といえます。

一方で、調査案件の選び方についても触れられており、これは興味深い内容でした。一言でいえば税務署の調査官も暇ではないので、怪しそうな会社が優先的に選ばれるというものです。もちろん、ある程度の課税所得を上げている会社であれば定期的に税務調査に来るというケースもあるようですが、同書で触れられているケースは、ほとんどが何かやっているのでは?という前提で調査に入っているような会社でした。

そのため、著者は調査官時代には「商売人は悪者だ」というくらいの意識をもっていたとのことです。そして「税務署の仕事から離れ、民間の仕事に就いてみると、私の認識は改まりました。今、私のまわりにいらっしゃる経営者の方々は、皆さん、きちんと税金を納めて経営をしていこうという方ばかりです」と述べています。

このような認識をもつくらい、税務調査に入る会社は怪しいと感じる会社が多いということなのではないかと思います。

ちなみに国税庁には国税総合管理システムというものがあって、地域や税目を超えて情報を一元的に管理するシステムがあり、毎年提出される申告書のデータ、調査官が実際に見聞きした情報などがデータとして蓄積されているとのことです。
このシステム上、会社と個人のデータがどの程度リンクしているのかという点までは触れられていませんが、中小企業のオーナー社長が、高額な不動産を購入したとか、あやしげな会社を新たに設立したというようなことも税務調査に影響を与えているのかもしれません。

なお、この本を読んでいる途中で、どこかで読んだことがあるような気がしていましたが、以前”税務調査の調査官に言ってはならない三つのこととは?”というエントリで紹介した「税務弘報」の記事を書いていたのがこの本の著者でした。

日々成長

関連記事

  1. D&O保険料会社負担可でも給与課税対象では・・・

  2. 合併等やむを得ない場合の税制非適格ストック・オプションの売却の所…

  3. 自社株式を対価とした株式取得による事業再編の円滑化措置を確認

  4. 会計限定の監査役登記の登録免許税は1万円に落ち着くようです

  5. 国税通則法の改正による税務調査手続の明確化(その3)

  6. 源泉所得税の納付が過少だったら???

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る