menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」に関する…
  2. 法律を読む技術・学ぶ技術(その2)
  3. 法律を読む技術・学ぶ技術(その1)
  4. 株式の無償発行を会社法上可能とする方向で検討
  5. 収益認識基準により消費税税込み方式は採用不可へ
  6. UKCホールディングスが連結子会社の会計処理誤りの影響を公表
  7. 最高裁、勤務医の残業代は高額年俸に含まれないと判断
  8. タカタ株が5連騰でストップ高-なぜ?
  9. 2018年3月期第1四半期報告書作成上の留意点
  10. 資本金1円の上場企業が急増?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

法人税法上、短期前払費用の適用を受けたことによる消費税差額は損金算入可能

税務通信3301号に「短期前払費用と消費税の仕入対価の返還による処理 当期控除できない税率差相当額は損金算入可能」という記事が掲載されていました。

法人税法上、平成26年4月1日以降は消費税率8%で計算されている1年分の費用を短期前払費用の適用によって支払時に一括して損金算入している場合、支払総額の5/105で消費税を計算すると費用として計上される金額が本来あるべき税抜価格よりも大きくなります。

たとえば、以下のように計算された2014年1年分の賃借料を2014年1月1日に支払ったものとします。
・税抜価格:年間120,000円(月1万円)
・支払総額:128,700円
2014年1月~3月分 31,500円(1万円×3ヶ月×1.05)
2014年4月~12月分 97,200円(1万円×9か月×1.08)

本来であれば、費用として計上されるべき金額は12万円のはずですが、上記支払総額から5%で消費税を計算すると、費用として計上される金額は128,700×100/105=122,572円となり、本来あるべき金額よりも費用(損金)として処理される金額が大きくなります。

そのため、この差額について「26年3月期に損金算入できず申告調整が必要となるのか、疑問を抱く向きが多数みられた。」とのことです。

この差額については「消費税率の引上げに伴い生じた“精算差額”といえる。そのため、消費税導入時に示された法人税の個別通達「消費税法等の施行に伴う法人税の取扱いについて」を準用し、この差額についてはその事業年度の損金の額に算入できる。」とされています。

なお、今期支払総額を5%で仕入税額控除を計算した場合であっても、4月以降の消費税増税分は翌期に仕入税額控除をとることができます。したがって、26年3月期に費用が大きく計上されている反面、27年3月期には費用が小さくなることになります。

このように、あるべき税抜価格で考えた場合に会計上影響がでることや消費税等相当額の割戻し計算や洗い替え処理が不要であることから、税務通信の調査によると「仮払金による処理を適用する予定の事業者が多数を占めていた」とされています。

しかしながら会計上の影響云々を考えなければならないほど重要なものであれば、本来期間按分して費用計上すべきです。また、実感としては4月以降の期間について追加で消費税を請求するとされていても、上記の例のような請求ではなくとりあえず5%で計算された金額が請求されてきているケースの方が多いように思います。

そのため洗替を行わなければならないことになるケースのほうが多いのではないかと思いますが、あとは消費税から生じる差額部分を雑損失や雑収入で処理して本体価格部分の影響を排除するのかですが、個人的には重要性は乏しいはずなので差額部分を分けて処理する必要はないのではないかと思います。

日々成長

関連記事

  1. 税務調査の調査官に言ってはならない三つのこととは?

  2. 平成25年度税制改正による住民税利子割の廃止-平成28年1月1日…

  3. 領収書を電子メールで交付した場合の印紙税

  4. 償却資産税(その1)

  5. 3月決算会社の法人税の間違いやすいポイント

  6. 新興国ではこのような課税問題に気を配る必要があるそうです-経済産…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る