menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 四半期報告書作成の留意点(平成30年6月-第1四半期)(その2)
  2. 四半期報告書作成の留意点(平成30年6月-第1四半期)(その1)
  3. 2018年上期IPOは40件(PRO除くと36件)
  4. 商品券は非行使部分の取扱いに注意-収益認識会計基準
  5. キャンセル料100%ならキャンセルすると損なのか?
  6. 米国子会社に全部合算課税のリスクが問題となっているようです
  7. フレックスタイム制の清算期間の上限が3ヶ月に延長(19年4月より)
  8. 平成31年4月以降終了事業年度分の「勘定科目内訳明細書」が公表されまし…
  9. 18年4月以降に発行された報酬ではない有償ストック・オプションとは?
  10. マイナンバー、提供されなかった個別事情まで記録は不要
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

満期特約型仕組み預金(マルチコーラブル預金)とは?

ちょっと前までは低金利とはいえ長期金利が1%近くあったような気がしていましたが、気付けば減税の長期金利は0.6%程度となっています。

1年定期預金でも0.5%程度の利息しか期待できないような低金利となると、銀行が怪しげな金融商品を提案してくることが多くなります。その典型例が満期特約型仕組み預金(マルチコーラブル預金)です。

だいたい満期は5年か10年のもので、期間を通して一定の金利のものや前半5年と後半5年で金利が異なっているようなものがあります。前半5年と後半5年で金利が異なっているタイプのものは、いやらしいことに後半5年の金利が前半よりも高めに設定されていたります。
何故、それがいやらしいというのかといえば、現状の金利が続いたとすれば10年物の定期預金の金利と比較して5倍~10倍の金利となっており、一見ものすごく有利なように見えるためです。しかしながら、満期特約型仕組み預金の場合、通常満期を決める権利を持っているのは銀行です

したがって、現時点で有利に見える金利ですが、それが適用されることがあるとすれば、その時の市場金利はもっと高くなっているはずで、預金者側からすれば機会損失が生じることになります。この手の預金の金利が高いのは、預金者が銀行に対してオプションを売っている対価であるという点を忘れてはなりません。しかも、オプションの対価が妥当価格で金利に反映されているのかどうかは一般人には判断がつきかねますので、銀行に有利な商品となっていると疑ってかかるくらいでちょうどよいと考えられます。

市場金利がどのように推移しようとも、満期になれば当初の元本が払い戻されるので、そういった意味では名目上元本割れのリスクはないと考えられます。しかしながら、満期特約型仕組み預金の利率が0.5%だったとして、市場金利が2%になっても、預金者から預金を解約することはできません。正確に言えば、解約することは可能ですが、銀行に有利な条件を放棄させるわけですから、その分を支払って解約しなければなりません。当然ですが、預金の金利と市場金利の差が大きくなればなるほど、解約しようとした場合に支払わなければならない金額は大きくなります(この場合、結果的には元本割れとなる可能性はあります)。

そのようなリスクを踏まえて、割に合う金利なのかをよくよく検討する必要があると考えられます。

日々成長

関連記事

  1. 前受金は金融商品の時価開示の対象か?

  2. 満期保有目的債券の減損処理-東京電力の社債は瀬戸際?

  3. 一般事業会社が貸手として貸出コミットメント契約を締結していた場合…

  4. 有限責任事業組合への出資者への会計処理(個別財務諸表)

  5. 金銭信託の会計処理

  6. 長期借入金の時価って・・・ 毎回疑問に思うこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る