menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有償新株予約権の実務対応報告が公表されました
  2. 「利益剰余金と資本剰余金の双方を原資とする剰余金の配当」は全額が「資本…
  3. 2017年IPOは96社(続編)
  4. 平均功績倍率1.5倍までは許容範囲?-役員退職慰労金
  5. 4月1日に施行されるフェア・ディスクロージャールールとは?
  6. 偽造印紙が発見されたそうです
  7. Excelの使い方を改めて確認してみた(その5)
  8. 販売奨励金と販売手数料はどう違う?
  9. 求人票の労働条件を変更等する場合に必要な対応は?
  10. 2017年監査での課徴金トップ5など
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2013年新規上場は58社-監査法人は27社がトーマツ

経営財務3150号(2014年2月10日)に”25年の新規上場は58社で4年連続増加”という記事が掲載されていました。

IPOの社数などを確認できていなかったのですが、2013年は当初IPOが60社を超えるとも言われていたので思っていたよりも少ない社数に少々意外な感じがしました。

上記記事では、新規上場会社の業種別の集計がなされており、以下のようになっていました。

  • サービス(17社)
  • 情報・通信(11社)
  • 小売(7社)
  • 建設(4社)
  • 不動産(3社)
  • 医薬品(3社)
  • 卸売(3社)
  • 食料品(2社)
  • その他(7社)
  • 業種別には全体の約29%をサービス業が占めています。なお、2012年のサービス業の新規上場は13社でしたので、サービス業の社数は2013年の方が4社増加しています。しかしながら、全体社数に占める割合で考えると2012年は約28%(46社中13社)で特に変動はしていません。したがって、傾向としてはサービス業のIPOが多いということになります。

    一方で地域別に社数を集計すると以下のようになっているとのことです。

  • 東京(32社)
  • 大阪(6社)
  • 神奈川(3社)
  • 愛知(3社)
  • その他(14社)
  • そして、社数上位のサービス業および情報・通信業では、本拠地を東京とする会社が多い(サービス業13社、情報通信3社)という傾向にあるとのことです。

    最後に、監査法人でみるとトーマツが27社でトップであったとのことです。

    2014年は70社を超えるとも言われていますが、株式市況次第といったところでしょうか。

    日々成長

    関連記事

    1. 2017年1月~10月のIPO-市場・業種・監査人の傾向は変わら…

    2. 内閣府令の改正が公布・施行されました-IPO時の特別情報が不要に…

    3. (株)アークンが今後の上場審査にもたらすかもしれないもの

    4. 従業員持株会(その2)-従業員持株会の形態

    5. 新規上場のためのIの部と過年度遡及会計基準との関係

    6. IPOに向けて過去2年分の未払残業代の支払は必要か?

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る