menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 電通違法残業裁判-求刑「罰金50万」は何故?
  2. 有償新株予約権の会計基準はトーマツの社内通達が原因?
  3. 有償新株予約権の会計処理-公開草案コメントは253件で大部分は反対意見…
  4. ビットコインの利益は「雑所得」-国税庁タックスアンサー
  5. 公募増資を巡るインサイダー取引の裁判で国側が高裁でも敗訴
  6. DCF法で第三者割当しても、簿価純資産でIPO直前期に自己株取得してい…
  7. 1歳6か月に達する日はいつのこと?-改正育児・介護休業法施行前に再確認…
  8. 日本郵政の有価証券報告書であらためて気づくこと-内部監査に問題あり?
  9. 独立社外取締役の2名以上選任が約85%に
  10. 東証一部上場承認翌日に開示したベステラの2Q決算が・・・?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

IFRSの任意適用で赤字から黒字へ-そーせいグループ

そーせいグループ㈱(東マ)が2月12日に2014年3月期よりIFRSを任意適用することを発表しました。マザーズ上場企業でIFRSの任意適用を公表したのはこれが初のケースです。

マザーズで初のIFRS適用もさることながら、同社のリリースによると以下のとおり日本基準での赤字予想がIFRSを適用することによって黒字に転換するとされています。
2014-02-26_1
(出典:「国際会計基準(IFRS)の任意適用に関するお知らせ」)

主な原因は上記のとおり日本基準では必要とされるのれんの償却が不要となることによるものです(1,588百万円)。この他、日本基準では研究開発費として資産計上が求められるものがIFRSでは資産計上となることによる影響もあります(258百万円)。

このように日本基準なら赤字だけれども、IFRSを適用すれば黒字になるというようなケースでは積極的にIFRSの任意適用をすすめようという誘因が働くかもしれません。

ところで同社は従来のれんを10年の定額法で償却していました。これがIFRSでは、償却をやめて毎期減損をテストするということになります。
日本基準でのれんを10年で償却していたということは、対象のれんの効果の発現期間は10年と見込んでいたということだと考えらえます。

会社の公表している連結業績予想によれば、のれんを償却しないIFRSベースでの2014年3月期の営業利益が711百万円に対して日本基準での単年ののれん償却額は1,588百万円と倍以上の金額となっています。

もちろん単年ベースの数値だけから判断できませんし、「IFRS ベースの試算数値は監査前であり、IFRS 導入作業過程および監査法人による監査の過程で数値が変動する可能性があります」とのことではありますが、果たしてこののれんは全額回収可能なのでしょうか。

今後監査の結果どうなるのか注目です。

日々成長

関連記事

  1. 平成27年3月期からのIFRS任意適用会社は29社-経営財務調べ…

  2. 「会計基準選択に関する基本的な考え方」の集計結果(東証)

  3. IFRSにおける有給休暇引当金の参考事例

  4. IFRS適用検討会社数はこの位が限界か?

  5. IFRSの任意適用要件が緩和の方向へ

  6. 「会計基準選択の考え方」によるIFRS適用予定・含みは120社-…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る