menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 四半期報告書作成の留意点(平成30年6月-第1四半期)(その2)
  2. 四半期報告書作成の留意点(平成30年6月-第1四半期)(その1)
  3. 2018年上期IPOは40件(PRO除くと36件)
  4. 商品券は非行使部分の取扱いに注意-収益認識会計基準
  5. キャンセル料100%ならキャンセルすると損なのか?
  6. 米国子会社に全部合算課税のリスクが問題となっているようです
  7. フレックスタイム制の清算期間の上限が3ヶ月に延長(19年4月より)
  8. 平成31年4月以降終了事業年度分の「勘定科目内訳明細書」が公表されまし…
  9. 18年4月以降に発行された報酬ではない有償ストック・オプションとは?
  10. マイナンバー、提供されなかった個別事情まで記録は不要
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

前受金は金融商品の時価開示の対象か?

早速ですが、金融商品の時価の開示例を二つ確認します。

1.(株)JCLバイオアッセイ(2013年3月期)
JCL

2.水道機工(株)(2013年3月期)
2014-03-25_2

上記の開示例ではいずれも「金融商品の時価等に関する事項」に「前受金」が含まれていますが、「前受金」は金融商品の時価として開示する必要があるのかが今回のテーマです。

「前受金」は、なんとなく金融商品に該当しそうですが、結論からすれば「前受金」は金融商品の時価として開示する必要はないと考えられます。

考え方を確認していくと、まず、金融商品会計基準52項(結論の背景)では以下のように定められています。
「・・・(前略)なお、金融資産、金融負債及びデリバティブ取引に係る契約を総称して金融商品ということにするが、金融商品には複数種類の金融資産又は金融負債が組み合わされているもの(複合金融商品)も含まれる。」

つまり、金融商品は、金融資産、金融負債、デリバティブを意味します。そして、前受金が金融商品であるとすれば、金融負債に該当することになると考えられますが、金融負債は金融商品会計基準5項で以下のように定義されています。
「金融負債とは、支払手形、買掛金、借入金及び社債等の金銭債務並びにデリバティブ取引により生じる正味の債務等をいう。」

要約すれば、金融負債は金銭債務とデリバティブから生じる債務を意味します。そうすると、つまるところ前受金は金銭債務か否かが問題となります。

金銭債務とは、金銭の支払を目的とする債務を意味します。典型的には、支払手形、買掛金、借入金等が金銭債務に該当します。
ここで、前受金について考えてみると、前受金は負債ではありますが、前受金を受領している側が負っている債務は、受領した対価に対する商品やサービス等を提供することですので、前受金は金銭債務には該当しないと考えられます。

以上をまとめると、前受金は金銭債務ではないので、そもそも金融商品ではなく、したがって時価開示の対象とはならないということになります。
連結貸借対照表上に前受金が計上している会社を検索すると442社がヒットし、一方で金融商品の注記に「前受金」が含まれている会社は35社がヒットします。ただし、金融商品の注記については、必ずしも時価開示の部分に「前受金」が含まれているわけではなく、他の部分で「前受金」という単語が使用されているものの件数も含まれてていますので、実際に時価開示に「前受金」が含まれている事例は35社よりも少なくなります。

前受金を時価開示に含めている事例から判断すると、本来開示する必要がないものを開示してしまうことになるので注意が必要です。

関連記事

  1. 平成27年度第1四半期報告書の留意点

  2. 会計士と株主はこの取締役候補者の略歴をどう感じるか?-日本取引所…

  3. 災害損失引当金の戻入益の表示区分は?-営業外or特別利益

  4. 「未収還付法人税等」は独立掲記必要か?

  5. こんなところにも影響が・・・復興特別所得税

  6. 期末発行済株式数と自己株式数の関係

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る