menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 企業型DC導入に伴う減額改定は役員給与の「臨時改定事由」に該当せず
  2. 電通違法残業裁判-求刑「罰金50万」は何故?
  3. 有償新株予約権の会計基準はトーマツの社内通達が原因?
  4. 有償新株予約権の会計処理-公開草案コメントは253件で大部分は反対意見…
  5. ビットコインの利益は「雑所得」-国税庁タックスアンサー
  6. 公募増資を巡るインサイダー取引の裁判で国側が高裁でも敗訴
  7. DCF法で第三者割当しても、簿価純資産でIPO直前期に自己株取得してい…
  8. 1歳6か月に達する日はいつのこと?-改正育児・介護休業法施行前に再確認…
  9. 日本郵政の有価証券報告書であらためて気づくこと-内部監査に問題あり?
  10. 独立社外取締役の2名以上選任が約85%に
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

子会社の重要性が乏しいため連結財務諸表を作成していない場合の事業報告の記載方法は?

今回は事業報告の「重要な親会社及び子会社の状況」についてです。

子会社は存在するももの重要性が乏しいため連結財務諸表を作成していないようなケースにおいて、事業報告上はどう取り扱うべきかです。

事業報告のタイトルが「重要な」子会社の状況ですから、重要性がないため連結財務諸表を作成していないのであれば、ここで記載するのは変だと思いますので、事例を調べてみることにしました。

1.ソフトウェアサービス(2013年10月期)

同社では、以下のように子会社が1社あるものの、重要性が乏しいため連結財務諸表は作成していません。

3.連結財務諸表について
当社では、子会社(1社)の資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フローその他の項目から見て、当企業集団の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を誤らせない程度に重要性が乏しいため、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和51年大蔵省令第28号)」第5条第2項により、連結財務諸表は作成しておりません。
なお、資産基準、売上高基準、利益基準及び利益剰余金基準による割合は次のとおりであります。
資 産 基 準…0.6%
売 上 高 基 準…2.3%
利 益 基 準…1.7%
利益剰余金基準…0.2%

同社の事業報告の記載を確認すると、以下のようになっていました。
2014-03-12_1(ソフトウェアサービス)

「記載すべき事項はありません。」というのはよい表現だと思います。重要な子会社はないという意味で「該当事項はありません。」という記載も考えられますが、子会社がないというとらえ方をされる可能性もあるので、「記載すべき事項はありません。」の方が無難な表現だと思います。

2.情報企画(2013年9月期)

同社も子会社は存在するものの連結財務諸表は作成していません。各基準の数値は示されていないものの、基本的には1.ソフトウェアサービスと同様の記載なので記載例は省略します。

同社の事業報告を確認してみると、以下の記載されていました。
2014-03-12_4
前述のとおり「重要な」子会社はないという意味で「該当事項はありません。」という記載もおかしくはありませんが、個人的には「記載すべき事項はありません。」のほうが親切な気がします。

3.大日本コンサルタント(2013年6月期)

この会社の場合も、以下のとおり子会社はあるものの重要性が乏しいとして連結財務諸表を作成していません。本題からは逸れますが、一時的に利益基準で20%超の影響があるようになったような場合であっても、過去の状況を勘案して連結除外している事例でもあるので実際の開示例を示しておくことにします。
2014-03-12_2(大日本コンサルタント)

同社の事業報告を確認すると、以下のとおりそもそも「重要な親会社及び子会社の状況」項目自体が存在しませんでした。
2014-03-12_3
項目自体を削除するというのは、どちらかといえばマイナーな記載方法だと思います。

4.その他
上記の他、子会社があるものの連結財務諸表を作成していない場合の「重要な親会社及び子会社の状況」の事例のみいくつかピックアップしておきます。

①コロプラ(2013年9月期)
当社は、子会社を2社を有しておりますが、重要性が乏しいため記載を省略しております。

②オルトプラス(2013年9月期)
子会社の重要性が乏しいため、記載を省略しております。

③太洋物産(2013年9月期)
該当事項はありません。

日々成長

関連記事

  1. 退職給付引当金の省略注記事例(会社法-附属明細書)

  2. 新「四半期決算短信様式・作成要領」

  3. 会社の清算手続(その2)-総論

  4. エフオーアイの粉飾決算で主幹事証券に賠償責任が認められた判決ー東…

  5. 過年度計算書類の訂正を総会への報告事項とすることはできるか?

  6. 発行可能株式総数と設立時発行株式数

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る