menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 株式の無償発行を会社法上可能とする方向で検討
  2. 収益認識基準により消費税税込み方式は採用不可へ
  3. UKCホールディングスが連結子会社の会計処理誤りの影響を公表
  4. 最高裁、勤務医の残業代は高額年俸に含まれないと判断
  5. タカタ株が5連騰でストップ高-なぜ?
  6. 2018年3月期第1四半期報告書作成上の留意点
  7. 資本金1円の上場企業が急増?
  8. 監査人交代時の開示の充実化を検討
  9. SMCの「北米疑惑」?
  10. 採用内定後のインターンシップで能力不足が判明した場合、内定は取り消せる…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

消費税率5%を適用した3月末までの売上に対して8%相当額の入金額があった場合の処理は?

3月決算の会社が3月中に商品を出荷し、消費税率5%で計算した金額を請求した場合に、仕入側が消費税率8%で計算した金額を振り込んできた場合はどう処理するのかについてです。

一般的な感覚からすると、消費税率5%で計算された請求書等を送付していているのに、あえてそれとは違う金額(しかもより多い金額)を振り込んでくることなんかないのでは?と感じるかもしれません。
しかしながら、特に相手が大手の会社だと消費税額については、こちらの請求書の記載などお構いなしに、先方は先方のルール(端数処理など)で計算された金額が振り込まれてくることは比較的よくあります。この場合、全額回収したはずの売掛金残高が1円、あるいは△1円などになってしまうことが起こります。

特に3月31日出荷で、仕入側が4月1日以降検収というようなケースでは、請求側は5%で請求し、仕入側は8%で支払ってくるということが考えられます。そして、端数処理で1円ズレるという程度であればまだしも、適用する消費税率が5%と8%で異なるということになると、それなりの金額の差が生じることが考えられます。

普通に考えれば、3%相当額は仕入側に返還すべきなのですが、仕入側としてはキャッシュ・フローに多少影響はあるにせよ、8%で仕入税額控除できるのであれば、4月1日以降の仕入計上額に5%を適用する方が面倒なだけなので、返還されても困るといわれることも想定されます。

さて、その場合余分に入金された3%相当分はどうなるのでしょうか?

雑収入などで処理できるのであればありがたいのですが、残念ながらそんなに甘くはないようです。
税務通信3305号の税務の動向「施行日以後に過大に受けた税率差3%相当額」によると、「売上側が仕入側の税率に合わせる場合は,当期に5%で計算した税込対価の額について,翌期に「売上対価の返還」があったものとして処理をしたうえで、改めて新税率8%により売上げを計上することで適用税率を一致させることになるようだ」とされています。

なお、同記事では、私が期待したように「率差3%相当額は商品の代金とは別の収入として「雑益」処理をすれば翌期での売上対価の返還処理は不要となる、とする考え方もある。」とされているものの、このように処理すると売上側と仕入側の適用税率は一致しないことになるため、「消費税Q&A問1に沿って検討すると、入金時に上記のような雑益処理をした場合であっても、期末においては以下のような売上対価の返還による処理が必要といえよう」とまとめられています。

上記でいうところの「以下のような売上対価の返還による処理」というのは、結局のところ3%相当額を消費税に振替えるための処理で、そうであるとすると期中に雑収入等で処理するのは単に処理を煩雑にするだけなので、そのような処理はやめた方がよさそうです。

日々成長

関連記事

  1. 仮決算による法人税の中間納付の制限について-割に合うのか還付金?…

  2. 海外支店取引にも要注意-国外事業者からの役務提供

  3. 資産の貸付けに関する消費税の経過措置(その1)

  4. 消費税引き上げに伴う経過措置-工事の請負等(その3)

  5. 価格改定用シールの提供要請も消費税転嫁対策法の指導対象に

  6. 4月1日午前0時をまたぐ場合の消費税の取扱い(その1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2014年 3月 31日
    トラックバック:制度会計対応現場のオナヤミ

カテゴリー

ページ上部へ戻る