menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 内々定の法的性格は?
  2. 株主優待で金券を交付した場合は源泉徴収必要か?
  3. 「居住者」「非居住者」の判断を滞在日数のみで行うのは要注意
  4. 平成29年度税制改正(その6)-法人税等関連(スピンオフに関する組織再…
  5. IFRS任意適用会社が144社に-経営財務調べ
  6. 譲渡制限付株式を役員に交付した場合の会計処理は?
  7. 平成29年度税制改正(その4)-法人税等関連(試験研究費の税額控除)
  8. 税務調査による更正が「誤謬」か否かの境界は何?
  9. PCデポが過年度誤謬の判明と公認会計士の異動を公表
  10. 6月上場の最初の承認会社はなんとなく不思議な感じがする会社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

3月31日に復興特別法人税の廃止が公布されました

復興特別法人税の1年前倒しによる廃止が3月31日の官報(特別号外第6号)で公布されました。

3月31日に公布される予定と聞いていましたが、昨日昼過ぎにインターネット官報で確認したところ「特別号外第6号」なるものは存在せず、もしや公布されていないのでは?と焦りましたが、今朝確認してみると確かに「特別号外第6号」なるものが存在し、復興特別法人税の廃止を確認することができました。

官報の仕組みについてはよくわからないのですが、紙ベースの官報には最初から含まれていたものだと思いますので、同時にインターネットに掲載してもらいたいものです。ただ、このようなこともあるのだと勉強になりました。

3月決算の会社にとっては、決算日までに税率の改正が公布されたことになりますので、平成26年3月期の税効果の計算にあたっては復興特別法人税廃止後の法定実効税率を使用して税効果を計算することになります(個別税効果実務指針18項)。
したがって、スケジューリングの結果によって適用する法定実効税率を区分するというような面倒な作業は不要となるわけですが、一方で、税効果会計に関する注記において、税率変更により繰延税金資産、負債の金額が修正された旨及び修正額を注記する必要があります(連結財規15条の5第1項3号、財規8条の12第1項3号)。

これでまた単一の実効税率に戻るのですが、複数の税率に対応して作成したワークシートをどうしようか・・・
結構考えて作ったのに・・・

日々成長

関連記事

  1. 平成27年度税制改正に伴う法定実効税率の考え方

  2. 繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針案の内容とは

  3. スケジューリングの可否と繰延税金負債の関係

  4. グループ法人税と税効果(譲渡損益の繰延)

  5. 連結納税適用企業は税効果適用時の法定実効税率に注意

  6. 連結納税適用会社の繰延税金資産の計上ー会社区分が国税と地方税で異…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る