menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 大規模法人の完全孫会社が中小企業特例の適用対象外に
  2. 空撮用ドローンの耐用年数は5年
  3. 企業等に所属する会計士の倫理規則等が改正されるそうです
  4. マザーズから東証1部に市場変更直後に東証2部への指定替え猶予期間に突入…
  5. 消費税10%経過措置Q&Aに追加されたQ&A(基本…
  6. 2018年IPO会社の監査報酬動向など
  7. SO税制拡充は限定的に-平成31年度税制改正
  8. 経営財務誌が選ぶ2018年5大ニュース
  9. 業績連動給与の要件緩和と厳格化
  10. 英国監査法人Big4でのパートナー解雇状況とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成27年1月~5月の上場会社における会計監査人の異動は50社-経営財務調べ

経営財務3215号に「監査人の異動,27年1~5月は上場50社」という記事が掲載されていました。

タイトルの通り、上場会社における会計監査人の異動が50社あったということですが、異動状況は以下のとおりとされています。

・四大監査法人間 16社
・四大監査法人→その他監査法人・個人事務所 10社
・その他監査法人・個人事務所→四大監査法人 7社
・「その他監査法人・個人事務所」間 17社

四大監査法人でクライアントを失った数を、監査法人別にカウントしてみると以下のようになっていました。
・トーマツ 16社
・新日本 7社
・あずさ 1社
・あらた 1社

一方で、四大監査法人でクライアントを獲得した数をカウントすると以下のようになっています。
・トーマツ 4社
・新日本 12社
・あずさ 4社
・あらた 3社

四大監査法人間の異動(16社)の内訳に限ると、クライアントを増加させたのは、
・新日本 8社
・あずさ 4社
・トーマツ 2社
・あらた 2社

クライアントを失ったのは
・トーマツ 9社
・新日本 5社
・あずさ 2社
・あらた 1社

となっています。

全体的にみると、やはりトーマツのクライアント数減少が目立つといえそうです。

なお、「異動の決定又は異動に至った理由および経緯」はほとんどのケースで「任期満了」に言及しているとのことですが、それ以外の理由としては以下のようなものがあるとのことです。

・業種や事業規模,監査費用の相当性等を検討して現状により即した監査人を選任など 8社
・連結決算において効率的な監査の実現を図るため、親会社等と同じ監査人を選任など 7社

その他面白いものとしては「人手不足等により監査の継続は難しいとの通知を受けた」というものが1社あったとのことです。

日々成長

関連記事

  1. 平成26年3月期有価証券報告書の記載事項の変更箇所(その2)

  2. リース資産の表示科目

  3. 平成29年3月期決算のポイント-会計(その1)

  4. 平成26年3月期-定率法から定額法への変更は90社(経営財務調べ…

  5. 不正アクセスでクレジットカード番号等の情報が流出した可能性を開示…

  6. 保養所や社宅は「賃貸等不動産」の範囲に含まれるか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る