menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ドローンは「航空機」?-耐用年数の話です
  2. 消費税も税務調査の重点項目になっているそうです
  3. 平成30年度税制改正を確認-法人税(その3)
  4. 平成30年度税制改正を確認-法人税(その2)
  5. 特別償却準備金や圧縮積立金を計上する場合は要注意?
  6. 収益認識に関する会計基準と法人税法上の取扱い(その2)
  7. 収益認識に関する会計基準と法人税法上の取扱い(その1)
  8. トヨタ自動車が決算発表を市場取引時間内に実施
  9. 監査人交代理由は「任期満了」が8割
  10. 平成30年度税制改正を確認-法人税(その1)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

4月(四半期)決算会社の平成28年度税制改正による減価償却方法の変更の取扱いは?

平成28年度税制改正によって、平成28年4月1日以後に取得した建物付属設備及び構築物の減価償却方法が定額法に一本化されたことをうけ、減価償却方法を変更する場合の取扱いについては、会計基準等の改正に伴う会計方針の変更として取り扱うという方向で実務対応報告の案が公表されているという点については以前も取り上げました。

上記の公開草案の意見募集が5月23日で締め切られ、今後検討がなされ最終版が公表されることになります。会計基準等の改正に伴う会計方針の変更として取り扱われるという結論に変更はないと思いますが、1月、4月、7月、10月決算会社は、そろそろ(四半期)決算短信を公表するにあたり、これをどう取り扱うのかが問題となります

建物附属設備及び構築物について従来定率法を採用していた会社が今後も定率法を採用し続ける可能性は低く、定額法への変更を選択するのが通常だと考えられますが、この場合、会計方針の変更として記載すべきかどうかです。

上記のとおり、会計基準等の改正に伴う会計方針の変更として取り扱われることは概ね既定路線ではありますが、とはいえ、正式に確定していない以上、現時点では会計方針の変更を記載しても監査(ないしレビュー)上は、通常の会計方針の変更として判断せざるを得ないということになってしまうのではないかと考えられます。

四半期報告書の提出期限までには公開草案が確定する可能性もありますが、提出直前に記載を追加しなければならないことになるのも面倒です。

このような疑問を感じていたところ、昨日、公認会計士協会から公開草案に対する意見書が提出され、その中で適用時期について以下のようにコメントされていました。

平成 28 年4月1日以後最初に終了する四半期会計期間に係る四半期報告書の提出日が本実務対応報告の公表日前である場合、本公開草案第4項の注記は本実務対応報告の公表日後最初に到来する四半期会計期間又は事業年度に行うことでよいか。

ナイスなコメントです。ASBJも実務に混乱を招かないように配慮すると思いますので、適用時期については上記のような取扱いとなるのではないかと思います。そうだとすると、4月末に(四半期)決算期末をむかえる会社は、とりあえず今回は減価償却方法の変更については触れずにスルーできるということになります。

単なる推測なので異なる取扱いとなる可能性はありますが、昨日までに決算短信を開示した株式会社ヤガミ(平成28年4月期決算短信)、株式会社タキショー(平成29年1月期第1四半期決算短信)ではいずれも減価償却方法の変更についての記載はなされていませんでした。

仮に対象資産があったとしても、通常影響は軽微だと考えれられますので、とりあえず今回は触れないというのが現実的な対応ではないかと思います。

日々成長

関連記事

  1. 平成26年3月期の監査人交代は62社-クライアントを一番失ったの…

  2. 決算短信-通期予想のみ開示が約25%に増加

  3. 第1四半期のCF計算書の開示状況-開示をやめたのは3社

  4. 上場したら業績予想が不可能になるのは何故だろう

  5. 適時?開示-開示を失念していていただけかもしれません・・・

  6. 平成28年度税制改正に伴いすべての建附の減価償却方法を定率法から…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る