menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「会社法制(企業統治関係)の見直しに関する中間試案」を確認(その2)
  2. 法人決算業務契約の途中終了での報酬額訴訟で税理士が勝訴
  3. 過去10年で監査人を複数回交代した会社は148社-3年で交代が最多
  4. コーポレート・ガバナンスコードの改訂案が公表-改訂後の報告提出期限は1…
  5. 「会社法制(企業統治関係)の見直しに関する中間試案」を確認(その1)
  6. 有価証券報告書と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その3)
  7. 有報と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その2)
  8. 有報と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その1)
  9. 会社法施行規則及び会社計算規則の改正(2018年3月)
  10. 減損の兆候といえば営業CFが継続してマイナスのほうが認識されているよう…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

どうなるSOX?

経営財務3300号の「海外会計トピックス」の中で「どうなるSOX」という記事が掲載されていました(公認会計士 飯田信夫氏 著)

大統領選挙期間中から金融規制改革法(ドットフランク法)の廃止を掲げていた、トランプ大統領は、2017年2月3日に金融規制改革法(ドットフランク法)の見直しに関する大統領令に署名しました。ドットフランク法の見直しの期待から米国の金融機関の株は上昇したといわれているくらいインパクトのあるものなので、ドットフランク法の見直しについては報道でもよく取り上げられている印象があります。

しかしながら「当然SOX(サーベインズ・オクスリー法)も話題となっている」とのことで、上記記事の著者の見解では「ドットフランク法と同様にSOXも緩和されるであろう」とされ、「問題は、どの程度なのか」とされています。

JSOXとは比べものにならないくらい大変なイメージのある本家SOX法ですが、このSOX法の変更を必要とする背景は「雇用の創出」とのことです。むしろJSOXの導入では会計士の雇用が創出されたよななんてことが頭をよぎりましたが、米国では、「雇用創出に大いに貢献してたIPO(新規株式公開)が減少した」そうです。

どれくらい減少したのかですが、「1996年はIT(情報技術)などのバブル期でもあり、IPOは863社であったが、2014年は362社、2016年は130社」であったとされています。単に景気の問題ではという反論もあるかもしれませんが、外国の市場には1367社も上場しているということから、「IPO企業は、米国の証券市場を避けていることになる」とされています。

昨日上場したsnap社のように、IPO直後の時価総額が兆単位になると、取引所の規模的にニューヨークで上場を考えなければならないのかもしれませんが、そうでなければロンドンをはじめ、他の取引所で上場したほうが手っ取り早いということなのでしょう。

仮にこの記事にあるとおり、米国SOX法が改正されたとすると、それを真似して導入したJSOXはどうなるのかが問題となります。日本でもJSOX対応が新規上場のネックになっているという認識があったため新興市場では上場後3年間はJSOXの監査が免除されるなどの改正が行われていますが、さらなる見直しが図られるのかが気になるところです。

米国SOXを参考にJSOXが導入されたとはいうものの、レポーティング方式の違いなどもあり、企業側が実際に求められる手間暇は大きく異なると考えられることからすると、米国でSOX法の見直しが図られても日本では従来どおりという可能性が高いといえるのではないかと思います。

ただし、米国で完全にSOX法が廃止となった場合には、議論が再燃することになるのではないかと思います。

関連記事

  1. 2012年3月期(平成24年3月期)から適用開始となる会計基準等…

  2. SBIホールディングスもオリンパスに続いてしまうのか?

  3. 機能通貨の変更の処理-IAS21

  4. 四半期報告書における3カ月情報の開示-任意も、CF計算書の傾向か…

  5. 本社移転決定による資産除去債務計上開始の事例

  6. 災害損失特別勘定の損金算入-3月決算の税効果に注意(国税庁4月2…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る