menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ヤフー・IDCF事件に続き法人税法132条の2による否認事例が訴訟にな…
  2. 未払残業代の税務処理
  3. 弁当販売チェーン店の店長の管理監督者性が争われた事案
  4. 外貨建預金を原資とした株式等購入時の為替差損益申告漏れが散見
  5. 新収益認識基準が税務に与える影響は消費税が問題となりそうです
  6. 「採用選考ではない」と明言しつつ、事実上選考の場として懇談会を開催する…
  7. 不正会計発覚経緯は会計監査が最多らしいですが・・・
  8. 2名以上の独立社外取締役選任企業の割合は東証一部で88%に上昇
  9. IFRS適用検討会社数はこの位が限界か?
  10. 監査法人のローテーション議論が再燃
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

東京都の法人事業税率は結局どうなった?

消費税率の引き上げが2年半延期されたことにより、平成29年4月1日以後開始事業年度から予定されていた「地方税課税の偏在是正措置」の実施も2年半施行が延期されています。

東京都は上記是正措置の施行を前提に条例の改正を行っていましたが、延期に伴い条例の再改正が必要な状況となっていました。その後の状況を確認してみたところ、是正措置の延期を織り込んだ都条例の改正が平成29年3月30日の都議会で可決・成立していました。

これにより、平成29年度に適用される法人事業税率や法人都民税法人税割の税率は平成28年度と同様ということになりました。東京都23区内の外形標準課税適用法人の主な税率の推移を確認しておくと以下のようになっています。

 平成29年度平成30・31年度平成32年度以降
法人税23.4%23.2%23.2%
地方法人税4.4%4.4%10.3%
法人事業税所得割(年800万超)0.88%0.88%3.78%
付加価値割1.26%1.26%1.26%
資本割0.525%0.525%0.525%
地方法人特別税414.2%414.2%(廃止)
法人都民税 法人税割16.3%16.3%10.4%

ここ数年、ずっとこんな確認を年度末前後にしている気がしますが、とりえず現時点では上記のとおりとなっています。

関連記事

  1. 損害賠償金の税務上の取扱い(その3)-役員や従業員が起こした事故…

  2. 資本性借入金を損金算入できるケースが明確に-金融庁が国税庁に確認…

  3. 平成23年税制改正による租税特別措置法改正(その3)

  4. 過年度遡及修正と税務の関係

  5. 粉飾決算で破綻した会社の取引先に訴えられた税理士の責任は?

  6. 平成23年度税制改正による消費税改正-95%ルールの見直し

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る