menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 株式の無償発行を会社法上可能とする方向で検討
  2. 収益認識基準により消費税税込み方式は採用不可へ
  3. UKCホールディングスが連結子会社の会計処理誤りの影響を公表
  4. 最高裁、勤務医の残業代は高額年俸に含まれないと判断
  5. タカタ株が5連騰でストップ高-なぜ?
  6. 2018年3月期第1四半期報告書作成上の留意点
  7. 資本金1円の上場企業が急増?
  8. 監査人交代時の開示の充実化を検討
  9. SMCの「北米疑惑」?
  10. 採用内定後のインターンシップで能力不足が判明した場合、内定は取り消せる…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

業績連動給与引当金は損金算入不可-条文読むととかえって混乱?

T&A master No.689に「”業績連動給与引当金”は損金算入不可」という記事が掲載されていました。

タイトルだけみると、引当金だから損金算入出来なさそうだなと思うのではないかと思いますが、平成29年度税制改正を受けて改正された法人税法施行令69条17項2号では以下のように定められています。

二 損金経理していること(法第三十四条第一項第三号の給与の見込額として損金経理により引当金勘定に繰り入れた金額を取り崩す方法により経理していることを含む。)。

改正前は単に「損金経理していること。」とされていました。上記改正後の条文をみると、損金経理していることが要件で、それには引当金に繰り入れた金額を取り崩す方法により経理していることを含むとされており、会計的な考え方からすれば損金経理というのだから引当金の繰入を意味するのだろうと考えてしまいそうですが、そういうことではないというのが敢えてこの記事が掲載されている趣旨のようです。

結論からすれば、タイトルの通り、引当金計上時には損金算入不可で、引当金を取り崩した時点で損金算入できるという取扱いとなるとのことです。上記の条文からは理解しにくいですが、ポイントは「取り崩す」という文言で、「これは、法人税法上は引当金の算入が認められないことを示している」とのことです。

結果的に算定対象期間の最終事業年度に損金算入されることとなりますが、単に算定対象期間の最終事業年度に損金算入するとすると損金経理しなくてもよいこととなってしまう一方で、会計的には引当金計上されることが想定されることから単に損金経理を要件とすると、前事業年度までに損金経理した場合の取扱いがどうなるのかが明確ではないということでこのような規定の仕方になっているのではないかと思います。

条文を確認してかえって混乱しないように注意です。

関連記事

  1. 全体の法人数は減少も連結納税適用法人は急増-平成23年度会社標本…

  2. 国税庁の質疑応答事例(法人税)に13項目が追加されました

  3. 税金の滞納残高は14年連続で減少-国税庁発表

  4. 改正されたオランダとの租税条約が2012年1月1日から適用になっ…

  5. 消費税の経過措置通達が公表されました(法令解釈通達)-国税庁

  6. 200%定率法が会計に与える影響

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る