menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 大規模法人の完全孫会社が中小企業特例の適用対象外に
  2. 空撮用ドローンの耐用年数は5年
  3. 企業等に所属する会計士の倫理規則等が改正されるそうです
  4. マザーズから東証1部に市場変更直後に東証2部への指定替え猶予期間に突入…
  5. 消費税10%経過措置Q&Aに追加されたQ&A(基本…
  6. 2018年IPO会社の監査報酬動向など
  7. SO税制拡充は限定的に-平成31年度税制改正
  8. 経営財務誌が選ぶ2018年5大ニュース
  9. 業績連動給与の要件緩和と厳格化
  10. 英国監査法人Big4でのパートナー解雇状況とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

仮想通貨の消費税の取扱い-平成29年度税制改正

1週間くらい前に(株)リミックスポイントが100株当たり10円相当のビットコインを株主に配布するというリリースを行いました。日経電子版の記事によると「上場企業が株主優待として仮想通貨を配るのは珍しい。」とされています。

ちなみに、会社の「当社株主に対する仮想通貨「ビットコイン」配布に関するお知らせ」というリリースでは意図してだと思われますが「優待」という表現は使用されていません。

ビットコインを使用していない株主にとっては、1単元当たり10円相当のビットコインをありがたがるとも思えませんし、特に手続きもなくクオカードやチケットが郵送されてくるのと異なり、このビットコインを受け取るためには、同社の子会社であるビットポイントジャパンに仮想通貨取引用の総合口座を開設しなければならないとされていますので、ますますハードルは高いものとなっています。

口座開設数を増加させる方法として考えたのだと思われますが、銀行にしても証券会社にしても広告を出して口座開設を促している中、10円相当のビットコインで口座開設をする株主がどれくらいいるのかは興味があります。会社にはこの制度に応じて新規に口座を開設した株主がどれくらいいたかを開示して貰いたいと思います。

さて、「ビットコイン」に代表される仮想通貨ですが、平成29年度税制改正によって消費税法上の取扱が改正されています。

仮想通貨は従来、消費税の課税対象として取り扱われることとされていましたが、平成29年度税制改正によって、仮想通貨の譲渡は非課税として取り扱うこととされています。

今のところ通常の事業会社では何ら影響がないと思われるものの、課税売上割合に対する影響はどうなるのかは気になるところです。

この点については、仮想通貨の譲渡は課税売上割合の計算上、「資産の譲渡等」に含めないこととされているので、結論としては何の影響もないという整理になっていました。

ちなみに平成29年度税制改正による改正は2017年7月1日から施行さられるとされています。このため、2017年6月30日までに購入した仮想通貨については消費税法上課税対象として取り扱われ、たとえ7月1日以後に売却する場合であっても課税売上対応分に区分して個別対応方式を適用することができるということになります。

一方で、6月末までに購入した仮想通貨を仕入税額控除の対象とした場合であっても、7月1日以後に売却した際の取引は非課税取引として取り扱われることとなります(消令附則(平29年)2)。

現状あまり多くはないと思いますが、上記の取扱からすると、消費税の課税事業者で仮想通貨を取り扱っている場合には今のうち仮想通貨を取得しておいた方がお得ではないかという感じがしますが、この点についても駆け込み需要を抑制する経過措置が定められています。

すなわち、6月30日時点で100万円(税抜)以上の仮想通貨を保有する場合において、その保有残高が6月中の平均保有数量よりも増加したときは、駆け込み購入による仕入税額控除を防止するため、その増加部分については仕入税額控除が認められないこととなっています(消令附則(平29年)8①)。

関連記事

  1. 保守売上を期間按分している場合の消費税はどうなるのか?

  2. 消費税転嫁対策法による転嫁拒否とは(その2)?

  3. 消費税内外判定基準の見直しは施行日をまたぐ契約に要注意

  4. 消費税(その3)-個別対応方式の用途区分1

  5. 合理的見積計上による損金経理も可能-控除対象外消費税

  6. 消費税(その6)-個別対応方式の用途区分4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る