menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ヤフー・IDCF事件に続き法人税法132条の2による否認事例が訴訟にな…
  2. 未払残業代の税務処理
  3. 弁当販売チェーン店の店長の管理監督者性が争われた事案
  4. 外貨建預金を原資とした株式等購入時の為替差損益申告漏れが散見
  5. 新収益認識基準が税務に与える影響は消費税が問題となりそうです
  6. 「採用選考ではない」と明言しつつ、事実上選考の場として懇談会を開催する…
  7. 不正会計発覚経緯は会計監査が最多らしいですが・・・
  8. 2名以上の独立社外取締役選任企業の割合は東証一部で88%に上昇
  9. IFRS適用検討会社数はこの位が限界か?
  10. 監査法人のローテーション議論が再燃
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2名以上の独立社外取締役選任企業の割合は東証一部で88%に上昇

東京証券取引所は、2017年7月14日までに上場会社が提出したコーポレートガバナンス報告書に基づき集計した結果を、7月26日に「東証上場会社における独立社外取締役の選任状況及び委員会の設置状況」として公表しました。

当該資料によると、東証一部上場企業2021社のうち、2名以上の独立社外取締役を選任している企業は前期より212社増加し1,778社となっています。比率で見ると8.3%増加し、88%となっています。

コーポレートガバナンスコード導入後、2名以上の独立社外取締役の選任企業数は増加してきていますが、他の市場での状況は以下のとおりです。

(出典:「東証上場会社における独立社外取締役の選任状況及び委員会の設置状況」)

新興市場での割合はそれほど高くありませんが、興味深いのは、JASDAQよりもマザーズの方が2名以上の選任割合および伸び率が高くなっているという点です。マザーズへの上場企業は数年で本則市場への市場変更するケースも多く、本則市場への市場変更を見据えて早い時期から社外取締役2名体制を構築していることが多いということなのかもしれません。

また、市場別に社外取締役の選任数が0名の企業割合をみてみると、東証一部および二部の本則市場では、それぞれ24社(1.2%)、30社(5.7%)であるのに対して、マザーズおよびJASDAQではそれぞれ、199社(26.5%)、38社(15.8%)となっています。JASDAQでは約1/4が社外取締役を選任していないということで、これは思ったよりも高い割合で驚きました。

委員会の設置状況についても、増加傾向にあるのは社外取締役の選任状況と同様ですが、任意の指名委員会については東証一部上場企業であっても設置している企業は全体の28.6%(前年比4.6%増)と、それほど高い水準ではありません。

任意の報酬委員会についても、設置割合は全体の31.7%(前年比5%増)とそれほど高い水準ではありません。

任意の委員会についても、コーポレートガバナンスコードで触れられている項目でありますが、こちらままだまだ様子見という会社が多いといえそうです。

関連記事

  1. 「口紅は男に売り込め!-有名ブランド再生人の非常識な3原則」とは…

  2. 取締役会の専決事項とされる「多額の借財」の「多額」はどのレベル?…

  3. 「社長、御社の「経営理念」が会社を潰す!」(白潟敏郎 著)って・…

  4. 学習塾の泥仕合・・・進学会VS栄光ホールディングス(2012年1…

  5. 会社計算規則の一部改正-退職給付に関する会計基準に対応

  6. 敷金を現物出資することはできるのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る