menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 税制適格ストック・オプションの拡充はベンチャーに限定されないようです
  2. 平成30年度税制改正でこんな罰則が強化されていたとは・・・
  3. CGSガイドラインの改訂-後継者計画等
  4. 有償新株予約権-実務対応報告適用開始後も15社が発行
  5. インボイス制度における端数処理は何故領収単位か?
  6. 長期のインセンティブが弱いRS等に多くの反対票
  7. 監査法人に対する勧告の公表差し止め請求認めず-東京高裁
  8. 一体開示で表示方法を変更した場合の記載事例
  9. 収益認識の代替的取扱いで再検討される項目がある?
  10. マンション販売に関する仕入税額控除否認に対し、エーディーワークスが審査…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2017年IPOは96社

本日東証二部に上場した(株)オプティマスグループをもって2017年のIPOは終了しました。

上場承認後、取り消しになった「アトリエはるか」などもありましたが、2017年のIPOは東証以外を含め前年より10社増加し96社となりました。

2012年以降の推移は以下のとおりです。なお、2012年のJQは正確には東証以外となりますが、比較の便宜上独立表記しています。

2012年48社(本則市場7社、マザーズ23社、JQ14社、プロ2社、東証以外2社)
2013年58社(本則市場12社、マザーズ29社、JQ12社、プロ4社、東証以外1社)
2014年80社(本則市場20社、マザーズ44社、JQ11社、プロ3社、東証以外2社)
2015年98社(本則市場17社、マザーズ61社、JQ11社、プロ6社、東証以外3社)
2016年86社(本則市場13社、マザーズ54社、JQ14社、プロ3社、東証以外2社)
2017年96社(本則市場19社、マザーズ49社、JQ18社、プロ7社、東証以外3社)

マザーズがもっとも多いという傾向に変化はありませんが、直近3年でみると、マザーズが減少傾向にある一方で、JQが増加傾向にあるという結果になっています。監査法人が新規案件を絞っているという報道もあるなかで、来年以降(特に2019年以降)の傾向にどのような影響があるのかには注目しています。

また、絶対数は大きくないもののTOKYO PRO Marketも7社と市場開設来最高数となっています。加えて、2017年12月18日にJQスタンダードに上場した(株)歯愛メディカルはTOKYO PRO Marketを経由して一般市場に上場した初の案件となりました。

地域別にみると東京都が62社と最も多くなっているものの、東京都以外も33社存在します。

東京都以外のIPO社数は以下のとおりとなっています。
5社=愛知県・大阪府
3社=北海道・埼玉県・京都府
2社=千葉県・神奈川県・三重県・広島県
1社=群馬県・福井県・山梨県・静岡県・兵庫県・福岡県

IFRSでIPOした会社は以下のとおりです。

スシローグローバルホールディングス(小売業、東一、トーマツ)
マクロミル(情報・通信業、東一、トーマツ)
ソレイジア・ファーマ(医薬品、東マ、三優)
MS&Consulting(サービス業、東マ、太陽)
アルヒ(その他金融業、東一、トーマツ)
プレミアグループ(その他金融、東二、トーマツ)

最近の株式市場の状況から、潜在的にはかなりの数のIPO予備軍がいるといわれていますが、結果的には来年も100社前後という結果になるのではないかと個人的には考えています。

関連記事

  1. 粉飾決算をめぐり監査法人に約6億円の損害賠償-プロデュース社事件…

  2. 従業員持株会(その1)-導入割合と奨励金の水準

  3. (株)グラフィコのIPO承認取消の原因は?

  4. マザーズ市場上場後10年経過するとどうなる?

  5. 2014年上期のIPO社数は26社

  6. 従業員持株会(その3)-退会時の買取価格は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る