menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 四半期開示制度について「一定の結論」はどうなった?
  2. 18年3月期改正税効果を早期適用した会社の注記はどんな感じ?
  3. 大手監査法人から中小法人への会計監査人交代が鮮明
  4. 取得後3ヶ月の実績でのれん6億円の減損、そして上場廃止
  5. 宿泊予約サイトへの掲載手数料で消費税の誤りが散見されているそうです
  6. 自己株式取得はどの時点で認識すべき?
  7. 自社製品の社員販売はどこまでなら安くても大丈夫?
  8. 執行役員に「執行役」と同等の規律を設けることが提案されているそうです
  9. データ入力時に「Alt+↓」使ってますか?-Excelの使い方
  10. 介護人材1万人受け入れというけれど、社会保険も気になる
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成30年3月期決算短信-平均所要日数は39.1日

2018年6月8日に東京証券取引所から「平成30年3月期決算発表の集計結果について」が公表されました。

平成30年3月期の決算短信発表会社2335社の平均所要日数は39.1日で、前年比△0.4日となっています。平成29年3月期は前年と比較して△0.3日となっていましたので、平均すると2年間で約1日発表が早まっているといえます。決算短信開示の自由度を高めるという取組に一定の効果があったということかもしれません。

平成30年3月期の決算発表は、5月の第2週の木曜日及び金曜日(5月10日及び5月11日)に集中し、それぞれの日において全体の13.5%を占める316社、全体の27.1%を占める632社が決算発表を行ったとされています。

5月の第2週の木曜日及び金曜日に決算発表が集中しているというのは昨年と同様ですが、一方で、前年と比較すると、最集中日における発表会社数及びその構成比がともに減少する(前年同期最集中日比△145社、6.0ポイント減・・・昨年は金曜日に777社が決算短信を公表)など集中度合いについて一定の緩和が見られるとされています。

曜日の関係があるので、一概にはなんともいえませんが、期末からの所要日数分布をみると、41日~45日の会社数が平成29年3月期の1,394社(全体の59.3%)から平成30年3月期は1,209社(全体の51.8%)に減少しており、36日~40日の会社数が493社から684社に増加しています。

サマリー情報については、全ての上場会社が、参考様式をベースとして作成しているとのことで、翌期の業績予想を何らかの形式で開示した上場会社は、全体の96.4%(2,251社)であったとのことです。

なお、第2四半期の予想を取りやめ、通期予想のみ開示する上場会社が昨年に引き続き増加し、31.5%(前年同期比5.9ポイント増)と約1/3に迫る水準になっており、この傾向はもう少し続くのではないかと感じています。

関連記事

  1. 平成25年3月期有価証券証券報告書の留意点(その2)-非財務情報…

  2. 単体開示の簡素化(その1)-平成26年3月期より

  3. 3月決算の単体計算書類で「企業結合に関する会計基準」の適用開始に…

  4. 期末発行済株式数と自己株式数の関係

  5. 減資を行った場合の株主資本等変動計算書の記載方法

  6. 基準が公表されたら発行を中止する前提で有償ストック・オプションを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る