menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 内部通報からの調査でゴーン氏逮捕-5年にわたり年10億円程度を過少記載…
  2. 料金体系によっては宿泊費も教育訓練費に該当-賃上げ税制
  3. 有報等に「監査法人の継続監査機関」等の記載が必要になるようです。
  4. 短信で「直近に公表されている業績予想からの修正の有無:有」としつつ、他…
  5. 臨時株主総会で監査等委員会設置に移行したのは常勤監査役が退任する必要が…
  6. 改訂CGコード対応「現時点でCEOの選任を行っておりません。」って・・…
  7. 自社株対価のM&Aが会社法でも可能になる模様
  8. 自社株式を対価とした株式取得による事業再編の円滑化措置を確認
  9. 会社法改正により上場会社等は社外取締役選任が義務化されるようです
  10. 消費税10%への経過措置の取扱いQ&Aが公表されました
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

キャンセル料100%ならキャンセルすると損なのか?

キャンセル料といわれるものの中には、解約に伴う事務手数料としての性格のものと、解約に伴い生じる逸失利益に対する損害賠償金としての性格のものとがあり、逸失利益に対する損害賠償金としてのキャンセル料については消費税の課税対象とはなりません(消基通5-2-5、5-5-2)

逸失利益に対する損害賠償金は、本来得ることができたであろう利益がなくなったことの補てん金であるため、資産の譲渡等の対価に該当せず課税の対象とはならないという理屈です。

キャンセル料が50%とか70%であっても、返金される金額があるのであれば、理屈からしても仕方がないかなと納得せざるをえませんが、会議室の利用代金などでは、2週間前位からはキャンセルしてもキャンセル料が100%かかるというようなケースがあります。

このような場合、先方から請求される金額が税抜本体価格の100%であれば、納得できるのですが、「キャンセル料」として消費税込みの金額の100%の金額が請求されてくることが稀にあります(多くの場合はキャンセル料100%であっても、税抜価格の100%となっています)。

通常の請求書には「(消費税込)」の記載がある一方で、キャンセル料の請求書には特に何ら記載がないということから先方は不課税取引ということだと推測されるのですが、そうだとするとキャンセルされた方が消費税分儲かるということになってしまいます。

未使用なので清掃等の手間がかからない上、場合によっては、キャンセルされた会議室を他社に貸与できている可能性もある中で、キャンセルした側は、支払った金額を不課税取引として処理しなければならないは不合理です。

そもそも論としては、やはり消費税分が乗っているのはおかしく、単なる間違いということもあるので、まずは先方に確認してみるということになりますが、仮に消費税分も含めた額で先方が譲らないという場合に、どこまでやるかという問題があります(特に金額が僅少な場合で代金を先払してしまっているような場合)。

先方からの請求書に「キャンセル料」と記載されており、消費税については特に明記されていないものを、課税仕入として処理するのは気が引けます。したがって、事前にキャンセルしてもキャンセル料100%+消費税で請求されるということであるならば、事前にキャンセルすると基本的には税金面で損をするということになってしまうと考えられます。

直前にキャンセルする方が悪いと言われればそれまでですが、HP等で一定時期より後はキャンセル料が100%とされている場合で、消費税の取り扱いが明記されていないような場合には予約時に確認しておくということも必要かもしれません。

関連記事

  1. 消費税(その7)-個別対応方式勘定別留意点1

  2. 福祉車両の消費税を利用した租税回避行為が横行しているそうです。

  3. 消費税経過措置の取扱いQ&A問4の疑問点

  4. 平成23年度税制改正による消費税改正-95%ルールの見直し

  5. 商品券は非行使部分の取扱いに注意-収益認識会計基準

  6. 平成26年4月以降の保守期間分の消費税を追加請求しない場合の会計…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る