menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 上場間もない会社が臨時株主総会で監査等委員会設置会社に移行する総会議案…
  2. 多数回かつ頻繁に馬券を購入しているも的中率低く雑所得と認められず
  3. 消費税率改正施行日をまたぐ役務提供の前受金等に適用される消費税率
  4. 税制適格ストック・オプションの拡充はベンチャーに限定されないようです
  5. 平成30年度税制改正でこんな罰則が強化されていたとは・・・
  6. CGSガイドラインの改訂-後継者計画等
  7. 有償新株予約権-実務対応報告適用開始後も15社が発行
  8. インボイス制度における端数処理は何故領収単位か?
  9. 長期のインセンティブが弱いRS等に多くの反対票
  10. 監査法人に対する勧告の公表差し止め請求認めず-東京高裁
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

一定期間災害保障重視型定期保険が1/2損金算入保険になるようです

100%損金算入が可能で解約返戻率が高いことから節税商品として人気があった法人契約のがん保険が1/2損金に見直されたのが2012年ですが、その後、外資系保険会社を中心に100%損金算入が可能な新たな節税商品が開発・販売されています。

その一つが「一定期間災害保障重視型定期保険」です。この保険は、当初の一定期間(5年・10年・15年)は基本的に災害による死亡の場合のみ保険金を支払い、病気による死亡の場合には保険金を支払わないというもので、死亡保障の範囲が限定されることにより、中途解約による解約返戻率が高く設定されています(「通常の定期保険と比べ解約返戻率が15%以上高くなるケースもある」そうです(T&A master No.747「一部の定期保険の損金算入割合圧縮も」)。

T&A masterの記事によれば「当局はこのように中途解約を前提とし、病気死亡を一定期間外すことで返戻率を高く設定している保険の目的が節税にあることを問題視し、現在、保険会社各社に対してもアンケートを送付するとともに、聞き取り調査を開始している模様だ。早ければ、今年後半にも、このタイプの税務処理を変更する通達が出る可能性がある。」とのことです。そして過去の事例から、「今回も損金算入割合が「1/2」に変更されることが予想される」とされています。

あくまで可能性の段階ではありますが、実態として節税商品として販売されているものであると考えられることから、損金算入割合が制限されることとなると考えておいたほうがよさそうです。

なお、「改正通達は施行日前の契約には遡及しないことが見込まれる」とのことですので、駆け込みの販売が増加するのではないかと思われます。

もっとも、この保険商品の節税が規制されても、次の節税商品が開発されるのではないかという気はしますが・・・

関連記事

  1. 消費税(その4)-個別対応方式の用途区分2

  2. 資本性借入金を損金算入できるケースが明確に-金融庁が国税庁に確認…

  3. 3月決算の貸倒引当金の経過措置は平成27年3月期で終了

  4. グループ法人税(その4)-繰延譲渡損益の実現

  5. 更生手続等により取得した優先的施設利用権のみとなったゴルフ会員権…

  6. 税務上の「のれん」とは?(その3)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る