menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 内部通報からの調査でゴーン氏逮捕-5年にわたり年10億円程度を過少記載…
  2. 料金体系によっては宿泊費も教育訓練費に該当-賃上げ税制
  3. 有報等に「監査法人の継続監査機関」等の記載が必要になるようです。
  4. 短信で「直近に公表されている業績予想からの修正の有無:有」としつつ、他…
  5. 臨時株主総会で監査等委員会設置に移行したのは常勤監査役が退任する必要が…
  6. 改訂CGコード対応「現時点でCEOの選任を行っておりません。」って・・…
  7. 自社株対価のM&Aが会社法でも可能になる模様
  8. 自社株式を対価とした株式取得による事業再編の円滑化措置を確認
  9. 会社法改正により上場会社等は社外取締役選任が義務化されるようです
  10. 消費税10%への経過措置の取扱いQ&Aが公表されました
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成31年4月以降終了事業年度分の「勘定科目内訳明細書」が公表されました

大法人への電子申告の義務化(2020年4月1日以後開始事業年度より)の見返りとして、「勘定科目内訳明細書」等の記載の簡略化が図られるとされていましたが、2018年6月29日に国税庁は2019年4月1日以後終了事業年度分の新たな「勘定科目内訳明細書」等を公表しました。

なお、「勘定科目内訳明細書」等の改正は、電子申告が義務化される法人に限らず、中小法人にも適用されるものとなっています。

「新たな勘定科目内訳明細書において主に変わったのは、その用紙の下段に掲載されている注書き」(税務通信 3513号)で、「記載方法の簡素化が図られているのが今回の改正の特徴」とされています。

具体的には、売掛金等の記載量が多くなる勘定科目(14科目)については記載の上位100件のみを記載することが可能とされています。なお、預貯金はさすがに全部記載を求められるのかと思いきや、この科目の中には「預貯金等の内訳書」も含まれています。

また、売掛金(未収入金)の内訳書については、記載件数が100件を超える場合の注書きとして注3②に以下のように記載されています。

②期末現在高を自社の支店又は事業所別等で記入(支店又は事業所等の名称を「名称(氏名)」欄に記入するとともに、「期末現在高」欄にその支店又は事業所等の合計金額(50万円未満のものも含む合計金額を記入)

支店や事業所を外部の取引先のごとく記載することができるということで、本店で支店の取引等の相手先まで把握してい場合に作成負担がかなり軽減されますが、安易に使うと調査を受けやすくなるのではないかという気はします。

この他、「貸付金及び受取利息の内訳書」の“貸付理由”欄及び「借入金及び支払利子の内訳書」の“借入理由”欄等の削除などが行われており、記載の簡素化が図られています。

最後に平成31年4月以降の電子申告で認められることとなるCSV形式のデータの標準フォームについては、8月までに公表される予定とのことです。

関連記事

  1. 納税通知書の郵便事故主張は難しいようです

  2. 貸倒引当金回避目的の債権放棄で寄附金認定

  3. 住民税額があがったのは・・・

  4. 貸倒引当金制度の原則廃止-平成23年税制改正

  5. 自宅兼事務所の家賃が必要経費として認められなかった裁判の詳細が判…

  6. プレミアドメインの取得費用の処理は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る