menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 東証一部で独立社外取締役を2名以上選任している会社の割合が9割超に
  2. 交通機関による遅延証明書があっても遅刻分は無給?
  3. 四半期開示制度について「一定の結論」はどうなった?
  4. 18年3月期改正税効果を早期適用した会社の注記はどんな感じ?
  5. 大手監査法人から中小法人への会計監査人交代が鮮明
  6. 取得後3ヶ月の実績でのれん6億円の減損、そして上場廃止
  7. 宿泊予約サイトへの掲載手数料で消費税の誤りが散見されているそうです
  8. 自己株式取得はどの時点で認識すべき?
  9. 自社製品の社員販売はどこまでなら安くても大丈夫?
  10. 執行役員に「執行役」と同等の規律を設けることが提案されているそうです
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

宿泊予約サイトへの掲載手数料で消費税の誤りが散見されているそうです

税務通信3517号の税務の動向に「海外サイトへの掲載手数料等に係る消費税の誤り散見」という記事が掲載されていました。

タイトルのとおりの内容なのですが、「インターネット広告や宿泊棟の予約サイトへの施設情報の掲載など、海外のサイト運営会社に対して支払った掲載手数料等について、日本の消費税の課税対象ではないにもかかわらず、誤って仕入れ税額控除を行っているケースが散見される」とのことです。

上記のようなサービスは事業者向けの電気通信利用役務の提供として、リバースチャージ方式の対象となりますが、課税売上割合が95%以上の場合は、特定課税仕入(本来リバースチャージが適用される取引)があっても、消費税の計算上はなかったものと取り扱うとされています。

誤った処理を行っている会社の多くは、「国内・国外を問わず複数のサイトの運営会社と取引をしており、消費税の処理をするうえでその取引先が国内事業者か否かを確認せずに、全てを控除の対象としていたようだ」とされています。

確かに運営会社が海外の事業者の予約サイトであっても、日本語でサイトが表示されて予約もできるので、国内の事業者と取引しているのではないかと思ってしまうというのもわからなくありません。

例えばExpediaであれば、ユーザーがアクセスするのは「www.expedia.co.jp」という日本のドメインですが、同社の会社概要には以下のように記載がなされており、運営会社はシンガポールの法人となっています。

本ウェブサイトを管理している AAE Travel Pte Ltd (以下「AAE Travel」といいます) はシンガポールの企業 (UEN 201113337M) であり、登録住所は 8 Marina Boulevard #05-02, Marina Bay Financial Centre Tower 1, Singapore 018981 です。AAE Travel は、世界をリードするオンライン旅行会社 Expedia Inc. と優良格安航空会社エアアジアの合弁会社です。シンガポールを本拠地とする AAE Travel は、アジア圏でのエクスペディアの事業を運営しています (中国を除く)。

掲載手数料を別途支払っているような場合で、支払先が海外の金融機関であれば、国外事業社との取引だと気づくかもしれませんが、サイトの運営者が宿泊代金を(カード決済等で)受領して、手数料を差し引いてホテル等に支払ってくるような場合だと、相手が国内事業社なのか国外事業社なのかを意識しなくなるというのも理解できます。

上記のように掲載手数料をネットした金額で課税売上を計上しているような場合には、税務調査で指摘されるまで気づかないという可能性が相対的に高いと考えられます。

関係する場合は、改めてチェックしたほうがよいかもしれません。

関連記事

  1. 消費税転嫁対策-どこまでOKでどこからアウト?

  2. キャンセル料100%ならキャンセルすると損なのか?

  3. 国際取引と消費税(その4)-輸出免税等

  4. 課税売上割合に準ずる割合とは?(その1)

  5. 「高額特定資産」とはなんですか?(その2)-平成23年改正(特定…

  6. JR乗車券の払い戻し手数料と消費税

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る