menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 料金体系によっては宿泊費も教育訓練費に該当-賃上げ税制
  2. 有報等に「監査法人の継続監査機関」等の記載が必要になるようです。
  3. 短信で「直近に公表されている業績予想からの修正の有無:有」としつつ、他…
  4. 臨時株主総会で監査等委員会設置に移行したのは常勤監査役が退任する必要が…
  5. 改訂CGコード対応「現時点でCEOの選任を行っておりません。」って・・…
  6. 自社株対価のM&Aが会社法でも可能になる模様
  7. 自社株式を対価とした株式取得による事業再編の円滑化措置を確認
  8. 会社法改正により上場会社等は社外取締役選任が義務化されるようです
  9. 消費税10%への経過措置の取扱いQ&Aが公表されました
  10. 決算公告はいつまでに行わなければならない?-決算日後約5カ月後はOK?…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

取締役責任追及、和解には各監査役の同意が必要に

T&A master No.761に「取締役責任追及、和解には監査役の同意」という記事が掲載されていました。

会社法の見直しを検討している法制審議会会社法制(企業統治等関係)部会での状況について述べられている記事で、「取締役等の責任を追及する訴えに係る訴訟における和解をするにあたり、監査役設置会社の場合は監査役(監査役が2人以上いる場合は各監査役)、監査等委員会設置会社の場合は各監査等委員、指名委員会等設置会社の場合は欠く監査委員の同意をそれぞれ得ることとする方針だ」と述べられています。

これは、今年2月に公表された「会社法制(企業統治等関係)の見直しに関する中間試案」と同様の内容のままとのことです。

全く記憶にないので改めて確認してみると、「第3 その他」の中の「第3 その他」に「1 責任追及等の訴えに係る訴訟における和解」として以下のように記載されていたことが確認できました。

1 責任追及等の訴えに係る訴訟における和解
株式会社が,当該株式会社の取締役(監査等委員及び監査委員を除く。),執行役及び清算人並びにこれらの者であった者(以下「取締役等」という。)の責任を追及する訴えに係る訴訟における和解をするには,次に掲げる当該株式会社の区分に応じ,①から③までに定める者の同意を得なければならないものとする。
① 監査役設置会社 監査役(監査役が二人以上ある場合にあっては,各監査役)
② 監査等委員会設置会社 各監査等委員
③ 指名委員会等設置会社 各監査委員

このような改正がされる理由については、上記記事では以下のように解説されています。

監査役設置会社、監査等委員会設置会社又は指名委員会等設置会社が取締役等を補助するために当該取締役等の責任を追及する訴えに係る訴訟に補助参加人として参加する場合や、取締役(監査等委員会又は監査委員を除く)及び執行役の責任の一部免除に関する議案を提出する場合は、各監査役、各監査等委員又は各監査委員の同意を得なければならないとされている。このため、監査役設置会社等の責任を追及する訴えに係る訴訟における和解をする場合においても平仄を合わせる観点から同様に、各監査役等の同意を得ることとしたもの

たしかに、和解の内容にも色々あると考えられ、責任一部免除の議案を提出することよりも要件が緩和されているとおかしな結果を招くことは考えられますので、他の手続きと平仄を合わせる必要性は高いと思われます。

関連記事

  1. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?

  2. 譲渡制限付株式の導入社数が1.5倍に

  3. 取締役就任時の慰労金特約が持つ意味は?

  4. 株式の無償発行を会社法上可能とする方向で検討

  5. 改正会社法(その5)-監査等委員会設置会社詳細(その4)

  6. 債務超過の子会社から他の子会社への無対価吸収分割

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る