menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 大規模法人の完全孫会社が中小企業特例の適用対象外に
  2. 空撮用ドローンの耐用年数は5年
  3. 企業等に所属する会計士の倫理規則等が改正されるそうです
  4. マザーズから東証1部に市場変更直後に東証2部への指定替え猶予期間に突入…
  5. 消費税10%経過措置Q&Aに追加されたQ&A(基本…
  6. 2018年IPO会社の監査報酬動向など
  7. SO税制拡充は限定的に-平成31年度税制改正
  8. 経営財務誌が選ぶ2018年5大ニュース
  9. 業績連動給与の要件緩和と厳格化
  10. 英国監査法人Big4でのパートナー解雇状況とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

日本法人の海外支店・外国法人の日本支店の電気通信利用役務の消費税の取扱い

平成28年度税制改正によって、日本法人の海外支店又は外国法人の日本支店が関係する場合の電気通信利用役務の提供について改正が行われ、平成29年1月1日から適用されています。

これにより、取扱いがわかりやすくなったと思っていたのですが、必要に際して改めて確認したところ勘違いしていたことに気づきました。

平成28年度税制改正では以下のような改正が行われています。

  1. 国内事業者の国外事業所等で受ける事業者向け電気通信利用役務の提供のうち、国外において行う資産の譲渡等にのみ要するものは、国外において行われたものとする。
  2. 国外事業者が国内の恒久的施設で受ける事業者向け電気通信利用役務のうち、国内において行う資産の譲渡等に要するものは、国内において行われたものとする。

上記よりどこで利用するかをベースに考えればよいのだと思っていましたが、そんなに甘くはありませんでした。

すなわち、「この改正は、事業者向け電気通信利用役務の提供、つまり、国外事業者が行う事業者向け電気通信利用役務の提供についてのみ適用され、これに該当しないものは役務の提供をうける者の住所地等により内外判定を行います。そのため、日本法人の海外支店及び外国法人の国内支店が絡む場合の電気通信利用役務の提供の課税関係は複雑となります。」とのことです。(「国際取引の消費税QA (六訂版)」(税理士 上杉秀文 著)

したがって、国内事業者が提供する電気通信利用役務については、役務の提供をうける者の住所地等により内外判定をすることが必要となります。「役務の提供をうける者の住所地等」となっていますが、ここでいう住所地等は、本店若しくは主たる事務所の所在地を意味するので、日本法人の海外支店の「住所等」は国内、外国法人の日本支店の「住所等」は国外ということになります。

上記の取扱いを踏まえて、日本法人が電気通信利用役務を提供する場合の内外判定をまとめると以下のようになります。


(出典:「国際取引の消費税QA (六訂版)」(税理士 上杉秀文 著)より抜粋)

日本法人(本社)が電気通信利用役務の提供者であるというのはよくあることですので、上記で色づけした部分の取扱いには注意が必要です。

関連記事

  1. 消費税を追加請求しなければやはりこうなるのか・・・-税務通信32…

  2. 消費税の追徴税額額は前年比125.1%と大きく増加ー平成27年事…

  3. 消費税(その9)-個別対応方式勘定別留意点3

  4. 平成26年4月1日以降の期間対応分の消費税を追加で請求しない旨の…

  5. 現物出資と消費税

  6. JR乗車券の払い戻し手数料と消費税

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る