menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 減損検討に用いられる税前割引率はどうやって計算?
  2. 不適正開示の発生傾向
  3. 税務当局による情報提供要請権限が拡充へ
  4. 「一般被保険者」の定義解釈を誤り税理士に損害賠償請求
  5. 有給休暇を入社日に分割付与した場合の次年度分の付与日はいつ?
  6. 株主総会資料の電子提供は総会開催日の3週間前からとなる見込み
  7. 有償新株予約権の実務報告-68社中66社が経過的取扱いを採用
  8. 「取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定の再一任」の見直し案
  9. 株主総会の基準日変更-今年は0社(全株懇調査)
  10. SMBC日興証券の元社員がインサイダー取引関与の疑いで逮捕
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

有償新株予約権-実務対応報告適用開始後も15社が発行

経営財務3378号の記事によると、実務対応報告第36号「従業員に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」が適用開始となった2018年4月以降、9月までの間に上場会社15社(うちIFRS適用会社5社)が有償新株予約権を新たに発行する旨を適時開示したとのことです。

経営財務誌が実務対応報告第36号が公表された1月12日から2月21日に実施した調査では、26社が有償新株予約権の発行を適時開示していたとされており、この水準との比較では半年で15社なので大きく減少しているものの、想像していたほど減ってはいないというのが個人的な感想です。

会計上費用計上が必要となっても、税務上は従来どおり金融商品の取得と権利行使というロジックで処理可能なようですので、税制非適格のストックオプションになって給与課税になるのであれば、金融商品の譲渡として処理できる方がインセンティブとして機能するということは考えられます。

なお、2018年4月以降に有償ストック・オプションを発行した会社を上場市場別に集計すると、東証一部7社、東証二部1社、東証マザーズ3社、JQ3社、名証セントレックス1社となっています。業種では「情報・通信」が6社で最多となっています。このような傾向になっている点については、”「新興市場上場会社の方が業績や株価が急上昇する可能性があり、インセンティブ効果を見込めるからでは」等の指摘もあった”とのことです。

関連記事

  1. 新株予約権の算定方法は原則登記不要となる方向-会社法改正

  2. 有償新株予約権-3月30日に内容確定は10社

  3. 有償新株予約権の実務報告-68社中66社が経過的取扱いを採用

  4. 有償新株予約権の実務対応報告が公表されました

  5. 「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に…

  6. 有償新株予約権の経過措置の対応が判明

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る