menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 大規模法人の完全孫会社が中小企業特例の適用対象外に
  2. 空撮用ドローンの耐用年数は5年
  3. 企業等に所属する会計士の倫理規則等が改正されるそうです
  4. マザーズから東証1部に市場変更直後に東証2部への指定替え猶予期間に突入…
  5. 消費税10%経過措置Q&Aに追加されたQ&A(基本…
  6. 2018年IPO会社の監査報酬動向など
  7. SO税制拡充は限定的に-平成31年度税制改正
  8. 経営財務誌が選ぶ2018年5大ニュース
  9. 業績連動給与の要件緩和と厳格化
  10. 英国監査法人Big4でのパートナー解雇状況とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

短信で「直近に公表されている業績予想からの修正の有無:有」としつつ、他に開示を行わないという選択肢もあることに気づいた件

2018年11月13日の正午に鹿島建設が第2四半期の決算発表を行いました。

通期業績予想の欄をみると以下の通り、「直近に公表されている業績予想からの修正の有無:有」となっています。

念のため1Q時の通期業績を確認してみると以下の通りとなっていました。両者を比較すると、前回予想に対して、売上は2%程度減少していますが、営業利益は11.1%増、経常利益は14.5%増とかなり増加しています。

しかしながら、「業績予想の修正に関するお知らせ」等は別途開示されていません。同社のホームページでIRライブラリを確認すると、以下の通り前期も2Qで業績予想の修正を行っていましたが、前期は2017年11月14日の同時刻に「業績予想の修正に関するお知らせ」が公表されていました。一方で、2018年11月13日付の同様の資料はHPに掲載されていません(東証の適時開示サイトにも短信以外の開示は行われていません)。


(出典:鹿島建設HP:IRライブラリー)

そこで今回の2Qの決算短信をみていくと、P3の「3)連結業績予想に関する定性的情報」に以下のように記載されていました。

最近の業績動向を路まえ、平成30年3月期決算発表時(平成30年5月15日)に公表した通期業績予想を修正しました。
売上高は、海外関係会社における減少を主因に、前回発表予想比2.0%減の1兆9,600億円を見込んでいます。
利益につきましては、当社の完成工事総利益率が向上する見通しとなったことを主因に、営業利益は前回発表予想比11.1%増の1,200億円、経常利益は同14.5%増の1,340億円、親会社株主に帰属する当期純利益は同18.3%増の970億円となる見込みです。
詳細につきましては、【添付資料】P.15「3.補足情報(3)ハイライト情報(予想)」をご覧ください。

昨年2Q時の「業績予想の修正に関するお知らせ」においても、修正の理由は上記程度のことしか書かれておらず、情報量としては特にかわらないものの、このような形式の業績予想修正もありなのだとは認識していませんでした。改めて前年2Qの「業績予想の修正に関するお知らせ」を確認してみると、以下の通り「親会社株主に帰属する当期純利益」の増減率が適時開示基準の30%以上となっていました。このことからも適時開示の要件には該当しければ、こういう形の業績予想修正でも東証は何も言わないということなのだと推測されます。

それにしても、正午に開示されており、2Qの実績が以下のように営業利益ベースで対前年比で2割以上落ちているので、サラリーマンの個人投資家は通期業績予想が上方に修正されているということに気づかず売り注文を入れてしまうということが起こりうる気はします。資料が公平に開示されている以上、きちんと読まないほうが悪いと言われればそれまでですが、業績予想の修正は別途開示されるはずと思い込んでいると、痛い思いをする可能性があるということに初めて気づきました。

株主からのお叱りの電話が怖いので、個人的には、この事例をまねることはしませんが、引き出しの一つとしてこんな方法もあるというのは覚えておこうと思います。

関連記事

  1. 有価証券報告書と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その3)

  2. 不適正開示の発生傾向

  3. 決算短信における業績予想開示の傾向

  4. 不適正意見・意見不表明と上場廃止基準の関係

  5. 「有限責任監査法人」は一つの単語ではなかったと改めて気づきました…

  6. 富士フイルムの不適切会計-処分が厳しいなと感じたけれど納得の第三…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る