menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 大規模法人の完全孫会社が中小企業特例の適用対象外に
  2. 空撮用ドローンの耐用年数は5年
  3. 企業等に所属する会計士の倫理規則等が改正されるそうです
  4. マザーズから東証1部に市場変更直後に東証2部への指定替え猶予期間に突入…
  5. 消費税10%経過措置Q&Aに追加されたQ&A(基本…
  6. 2018年IPO会社の監査報酬動向など
  7. SO税制拡充は限定的に-平成31年度税制改正
  8. 経営財務誌が選ぶ2018年5大ニュース
  9. 業績連動給与の要件緩和と厳格化
  10. 英国監査法人Big4でのパートナー解雇状況とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

減損検討に用いられる税前割引率はどうやって計算?

2018年6月にコーポレートガバナンスコードが改訂され、原則5-2において「経営戦略や経営計画の策定・公表に当たっては、自社の資本コストを適格に把握した上で、収益計画や資本政策の基本的な考えを示すとともに・・・」(太字部分が改訂で追加)とされたことなどもあり、なんとなくROE等の目標値を定めていた会社では「自社の資本コスト」について考えなければならなくなっているようです。

資本コストについては、自己資本と他人資本のコストを株主資本比率と負債比率で加重平均して求められる加重平均資本コスト(WACC)が用いられることが多いと思われます。

上記のうち直感的に理解しにくいのが自己資本コストですが、その算定方法については、企業価値評価の解説書等において、CAPMによる算定式が示されていることが多く、実務上も広く使われている方法だと思われます。

計算式では以下のようになります。

自己資本コスト=リスクフリーレート+β×マーケットリスクプレミアム

そして、マーケットリスクプレミアムは株式市場の期待収益率とリスクフリーレートの差とされていますので、

自己資本コスト=リスクフリーレート+β×(株式市場の期待収益率-リスクフリーレート)

で計算されるということになります。

そして、WACC(加重平均資本コスト)は以下のように求められます。

WACC=負債コスト×(1-税率)×{D/(D+E)} + 自己資本コスト×{D/(D+E)E}

詳細な説明はきちんとした解説書を参照して頂くとして、負債コストは支払利息が損金算入できるため、税率を加味する必要があるということになります。

さて、前置きが長くなりましたが、固定資産の減損検討にあたり、使用価値算出に用いられる割引率について、減損会計適用指針45項では以下の四つが示されています。

  1. 当該企業における当該資産又は資産グループに固有のリスクを反映した収益率
  2. 当該企業に要求さえる資本コスト。資本コストは借入資本コストと自己資本コストを加重平均した資本コストを用いることが適当である。
  3. 当該資産又は資産グループに類似した資産又は資産グループに固有のリスクを反映した市場平均と考えられる合理的な収益率
  4. 当該資産又は資産グループのみを裏付け(いわゆるノンリコース)として大部分の資金調達を行ったときに適用されると合理的に見積もられる利率

適用指針上は上記の四つを総合的に勘案することとされていますが、実務上は加重平均資本コストが用いられることが多いのではないかと思われます。

そこで、前述のWACCが出てくるわけですが、ついうっかりやってしまう可能性があるのが、上記の計算式で計算されたWACCを使用価値算出の割引率としてしまうということです。

使用価値を算出するベースとなる将来CFは税前で見積もるため、割引率についても、一般的な教科書に出てくる税引後のWACCではなく、税引前のWACCを算出を用いなければらないということになります(減損適用指針43項)。

将来CFの見積もりが税前なので、WACCも税前にしなければならないというのは、理解できると思いますが、問題は、税前のWACCはどう計算するのかです。手元の解説書でも、税前の割引率を用いる必要があると記載されているのみで、計算式が示されていませんでした。

ただ、経営財務3358号「厳選!現場からの緊急相談Q&A 第51回 将来キャッシュ・フロー等の「割引率」の決定」の中で、税引前の加重資本平均資本コストは以下の算式で算出されています。

税引前の加重平均資本コスト=借入資本コスト×40%+(自己資本コスト×60%)÷(1-実効税率)

割合等は仮定の数値なので特に意味はありませんが、自己資本コストについても(1-実効税率)で割り返してやればよいということのようです。株主資本コストも税引後の残余から捻出されるものであるので、(1-実効税率)で割り返せばよいということだと推測されます。(追記:上記の計算式が適用指針の設例6に示されているとのコメントを頂きました。設例6において上記の算式で税前のWACCが計算されていますので、実務上はこれで割り切って問題はないようです。)

IFRSでは以下のよう述べられていますが、これを考えると実務が進まなそうなので、上記の算式で割り切りましょう。

使用価値を算定する場合の,税引前の割引率と税引後の割引率
(i)標準税率により税引前の割引率を算定する方法
実務上の調整方法として,税引後の割引率を標準税率により割り戻す場合があるが, IAS第36号BCZ85項では,税引後の割引率を標準税率で割り戻されたものが適切な税引前の割引率と等しくなる場合は,限定的であるとされている。この方法では,資産の会計上の帳簿価額と税務上の簿価の間に生じる一時差異や税金の将来キャッシュ・フローが発生する時期を反映させることができないためである。
(出典:「詳細解説 IFRS実務適用ガイドブック 第2版」あずさ監査法人)

関連記事

  1. ロボットの耐用年数は何年

  2. 満期保有目的債券の減損処理-東京電力の社債は瀬戸際?

  3. 減損の兆候といえば営業CFが継続してマイナスのほうが認識されてい…

  4. 満期保有目的の債券の減損と償却原価法

コメント

  1. 数年来ブログを拝見させていただいており、いつも参考にさせていただいております。
    私はbig4系の会計事務所で価値評価関係の業務をやっていたのですが、今回のテーマの点については、以下の実務が通説と思われます。
    日本基準:上記でご記載の計算式を用いることが一般的だと思います。計算式はロジカルだとは思わないのですが、減損会計実務指針の設例6にこの計算式が載っているため、この計算式で実務は走っていると考えられます。
    IFRS:こちらは、まず、税引後CFと税引後割引率を用いて使用価値を確定させ、確定させた使用価値と税引前CFを用いて、税引前割引率を逆算で計算することが一般的です。
    何か、ご不明点等あればご連絡ください。

      • MAK
      • 2018年 12月 17日

      Keisuke様
      コメントありがとうございました。
      適用指針設例6に計算式が掲載されていたのですね。コメント頂きあらためて確認いたしました。
      ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る