menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 大規模法人の完全孫会社が中小企業特例の適用対象外に
  2. 空撮用ドローンの耐用年数は5年
  3. 企業等に所属する会計士の倫理規則等が改正されるそうです
  4. マザーズから東証1部に市場変更直後に東証2部への指定替え猶予期間に突入…
  5. 消費税10%経過措置Q&Aに追加されたQ&A(基本…
  6. 2018年IPO会社の監査報酬動向など
  7. SO税制拡充は限定的に-平成31年度税制改正
  8. 経営財務誌が選ぶ2018年5大ニュース
  9. 業績連動給与の要件緩和と厳格化
  10. 英国監査法人Big4でのパートナー解雇状況とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

QRコード利用の納付が可能に

消費税増税時の還元策などに関連してキャッシュレス決済が報道等で最近頻繁に取り上げられていることもあり、2019年1月から「QRコードを利用したコンビニ納付」が導入されるという税務通信3536号の記事を目にして勝手にキャッシュレス化を連想しましたが・・・。

従来からコンビニでの現金納付は可能となっていますが、「自宅等で申告書を作成した場合には、納付書の取得のために税務署の窓口に出向く必要」がありました。これが、2019年1月4日からは「自宅等において納付に必要な情報をQRコード化し、これをコンビニ備付けのキオスク端末で読み取らせることにより納付書を出力し、この納付書を添えて税額相当額をコンビニのレジで納付できる」ようになるとのことです。

したがって、平成最後の確定申告から利用可能となります。ただし、「従来のコンビニ納付と同様に,納付できる金額は30万円以下であり、納付は現金に限られている(クレジットカードや電子マネーによる納付は不可)」とされています。

というわけで、単に納付書を窓口に取りに行かなくてもよくなるというだけで、キャッシュレスとは無関係でしたが、一部の納税者の方の利便性は高まると考えられます。

なお、「QRコードによる納付を行った後、納付済みの納税証明書の発行が可能となるまで3週間程度かかる場合があるため(払込金受領証は納付の際に発行)、利用の際には注意が必要だ」と注意点も述べられています。

個人的にはすべての税金についてクレジットカード払いが可能になって、かつ、手数料が安くなればそれが一番ありがたいと思っていますが、実現可能性は低そうです。

関連記事

  1. 復興特別法人税が実効税率に与える影響-早ければ3Qから

  2. 平成28年3月期から適用される税制改正内容を確認(その3)

  3. 法人税個別通達を踏まえたリバースチャージ方式の仕訳方法

  4. 耐用年数の短縮特例の通達が改正・新設されました

  5. 合理的見積計上による損金経理も可能-控除対象外消費税

  6. 所得拡大促進税制-大量出向によって給与等の総額が増加した場合の取…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る