menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 過度の私的なチャットに要した時間も労働時間?
  2. 共有持分の放棄により取得した資産を譲渡したときの譲渡所得計算時の取得費…
  3. Excelの使い方を改めて確認してみた(その1)
  4. 数年前の慶弔見舞金申請があった場合、会社は支払わなければならないか?
  5. 2017年1月~10月のIPO-市場・業種・監査人の傾向は変わらず
  6. 平成30年税制改正要望の自社株対価TOBは親会社株式も対象になる可能性…
  7. 平成29年度税制改正後も1円ストックオプションは損金算入OKとありまし…
  8. マイナス金利下の退職給付債務の割引率は3月以降も延長されるようです
  9. 役員給与過大認定の審判所の着眼点とは?
  10. 一部の新興国等ではPEなくても国内源泉所得として事業所得に課税
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

カテゴリー:人事労務

「Slack」が日本語化されるそうですが、シャドーITではなく、企業が使用を従業員に認めているビジネスチャットの利用が広がってきていると感じます。チャットに限らずEメールであっても私的なメールを業務時間中にやりとりしていることはあり…

「慶弔見舞金規程」などの規程により特定の事象が生じた場合に慶弔見舞金を従業員等に支給しているケースは比較的多いと思いますが、3年前の事象に基づいて未支給の慶弔見舞金の申請がなされてきたら会社は支払う必要があるのかについてです。個人的…

労政時報3939号の労働判例SELECTで「イオンディライトセキュリティ事件 市場地裁平成29.17判決」が紹介されていました。この事案は、警備業を営むY社(被告)の従業員として軽微業務等に従事しているX(原告)が、勤務時間中の仮眠…

労働人口の減少が見込まれる中で、今後労働生産性向上を図ることが不可欠であることから、一部の労働関係助成金については、あらかじめ定められた生産性要件を満たした場合には助成額がアップするものが設けられています。具体的には以下の労働関係助…

経済産業省は2017年4月に公表した『「攻めの経営」を促す役員報酬~企業の持続的成長のためのインセンティブプラン導入の手引~』を9月29日に更新しました。これは平成29年度税制改正を踏まえたもので、Q&A全72問のうち16問に新たな内容が追…

労政時報3938号(2017年10月13日)に同誌が毎年実施している労働時間総合調査の結果が掲載されていました。この調査は上場企業3456社及び上場企業に匹敵する非上場企業(資本金5億円以上かつ従業員500人以上)289社の合計38…

電通の新入社員が2015年12月25日に自殺したことを受けて過労死認定された件に関連して、違法残業があったのに必要な防止措置を取らなかったとして、労働基準法違反の罪に問われた電通の初公判が本日開かれたそうです。朝日デジタルの記事では…

育児介護休業法が改正され、来月1日(2017年10月1日)より施行されます。今回の改正の主な内容は、最長で子どもが2歳に達するまで育児休業を再延長することができるようになったというものです(改正育児・介護休業法第5条4項)。従来は、…

平成29年5月26日に民法(債券関係)の改正法案が成立し、6月2日に公布されています。改正法の施行日は、公布の日から起算して3年を超えない範囲内において政令が定める日とされています。主な改正項目は以下の項目となっています。債…

労政時報3934号の労働判例SELRECTに平成29年2月17日静岡地裁で判決が下されたプレナス事件が取り上げられていました。この事案は、P社が運営する弁当販売店で店長を務めていたXが、時間外・休日労働に対する割増賃金が未払いである…

さらに記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

  1. 「Slack」が日本語化されるそうですが、シャドーITではなく、企業が使用を従業員に認めているビジネ…
  2. 業務に関係するものではありませんが、実生活において知っておくと役に立つかもということで、「Q&Aから…
  3. 「働き方改革」という単語が頻繁に聞かれるようになっており、これをうけてRPA(ロボティック・プロセス…

ページ上部へ戻る