menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. クレジットカードによる国税納付が2017年より可能に
  2. リスク分担型企業年金とはどんなもの
  3. 「有限責任監査法人」は一つの単語ではなかったと改めて気づきました
  4. 平成28年度税制改正に伴いすべての建附の減価償却方法を定率法から定額法…
  5. 所得税の重加算税が課せられるのはどんな時?
  6. 会社が認めていない定期代が安価になるルートでの通勤途上で負債した場合、…
  7. 株主リストに関するよくあるご質問
  8. 株主総会議事録に最低限必要な記載事項はなんですか
  9. 申告期限の延長は決算日から最長6ヶ月に-平成29年度税制改正大綱
  10. 平成28年中における会計監査人の交代は144社-T&A ma…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

カテゴリー:リース

今回はリース会計における変動リース料の取り扱いについてです。リース会計基準上、物件の借り手は、当該取引が解約不能・プルペイアウトという二つの要件を満たした場合には、ファイナンス・リース取引としてリース物件を資産計上する必要が生じます…

経営財務3134号に公益社団法人リース事業協会が国際会計基準審議会(IASB)と米国財務会計基準審議会(FASB)が公表した改訂公開草案「リース」に関連して上場3,538社および非上場大会社5,688社に行ったアンケート結果が掲載されていま…

2013年5月16日にIASB(国際会計基準審議会)とFASB(米国財務会計基準審議会)からリースの再公開草案が公表されたことを受け、ASBJ(企業会計基準委員会)でもリース取引の会計処理に関する審議が再開されました。IASBおよび…

割賦販売というと、ついテレビショッピングを想像してしまうのですが、以下のような場合にリースとの関係をどう考えるのかが問題となります。例えば、通常は一括販売を行っている機械装置の製造業者が、特定の顧客と5年で代金を分割して回収する販売…

カテゴリー

最近の記事

  1. 平成28年度税制改正で国税のクレジットカード利用による納付が可能になるというものがありましたが、20…
  2. 平成28年12月16日にASBJから実務対応報告第33項として「リスク分担型企業年金の会計処理等に関…
  3. 「有限責任監査法人」というのは株式会社などのように一連の単語のイメージがありましたが、そういえば「有…
ページ上部へ戻る