menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 平成29年中の会計監査人の交代は118社
  2. 確定申告の時期ですが、電商チームの調査があることを意識しましょう
  3. RPA導入側の会計処理
  4. スマホの耐用年数は何年?
  5. 会計監査担当者のインターバル期間が改正予定
  6. 税効果注記公開草案どおり決着したようです
  7. 富士フイルムがゼロックスを買収するのは世界展開が目的?
  8. ICOの会計処理事例
  9. 労働保険料の概算保険料の損金算入時期
  10. 「資本の払い戻し部分」に「利益配当」が含まれる結果となれば政令は違法・…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

カテゴリー:新株予約権

昨年反対意見が過去最高数となった有償新株予約権の会計処理に関する実務対応報告「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取扱い」(実務対応報告第36号)が2018年1月12日に公表されました。すでに取り上げている内容が…

大量の反対コメントが寄せられた「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い(案)」について、経過措置の対応が判明したという記事がT&A master No.713に掲載されていました。公開草案では、第…

カテゴリー

最近の記事

  1. T&A master No.726に「平成29年中における会計監査人の交代企業一覧」が掲載されていま…
  2. 確定申告の時期がやってきましたが、税務通信3493号の税務の動向に「電商チーム 仮想通貨やフリマアプ…
  3. 経営財務3346号のミニファイルで「RPA導入側の会計処理」が取り上げられていました。最近では働き方…

ページ上部へ戻る