menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 大規模法人の完全孫会社が中小企業特例の適用対象外に
  2. 空撮用ドローンの耐用年数は5年
  3. 企業等に所属する会計士の倫理規則等が改正されるそうです
  4. マザーズから東証1部に市場変更直後に東証2部への指定替え猶予期間に突入…
  5. 消費税10%経過措置Q&Aに追加されたQ&A(基本…
  6. 2018年IPO会社の監査報酬動向など
  7. SO税制拡充は限定的に-平成31年度税制改正
  8. 経営財務誌が選ぶ2018年5大ニュース
  9. 業績連動給与の要件緩和と厳格化
  10. 英国監査法人Big4でのパートナー解雇状況とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

カテゴリー:保険

Bloomberg BuisnessweekのDecember10-December16,2012に"Japan's Fear of Risk Is Getting Dangerous"という記事が掲載されていました。この記事の副題…

2012年10月20日号の週刊ダイヤモンドに興味深い記事が掲載されていました。最近TVCMでもたまに見かけるライフネット生命が10月4日に来店型保険ショップに支払う販売手数料を初めて公表したというものです。早速、気になる販売手数料で…

あまり意識していませんでしたが、平成22年税制改正により生命保険料控除等の上限額が見直されていることを知りました。従来、一般生命保険料控除と個人年金保険料控除の適用限度額は各5万円でしたが、平成24年1月1日以後に締結する生命保険契…

少し前になりますが、保険コンサルタントの後田亨氏が「保険は99%がはずれる宝くじ」というタイトルで記事をネット上で見かけました。なんだかすごいタイトルだなと思って内容を見てみたら、「保険は、当たりたくない『宝くじ』や競馬の『馬券』の…

2011年7月8日の日経Web版で「生保の運用資金、国債依存度41.3%に 5年連続で過去最高」という記事が目に入りました。同記事の冒頭を引用すると、「生命保険会社が資産運用での日本国債頼みを強めている。3月末の運用資産に占める…

保険の専門家ではないですが、何故か「どこの生命保険がいいですか?」という質問をたまに受けます。なんだかよくわからない質問ですが、話を少し聞いてみると、要は自分の入っている保険の内容がよくわからない(あるいは保障内容が自分にあっていない気…

地震保険は①火災保険とセットでないと加入できず②保険金額は火災保険の保険金額の50%が上限で例外はないものと思ってました。しかしながら、週刊ダイヤモンドの4/30・5/7号で、Resta(日本震災パートナーズ)という単独加入が可能な…

「正直に告知するんじゃなかった・・・」。高血圧等の持病を正直に告知した結果、医療保険への加入が拒否された人の言葉です。その方曰く、「2年間保険を請求しなければ告知義務に違反しても時効になるんですよね?日頃会社に出入りしている生命保険…

自動車保険については、そもそも車両保険に加入していなければ車両の補償は受けられませんが、車両保険に加入している場合であっても、天災の場合は補償対象となるものとならないものがあります。補償対象外原則として天災のうち「地震」「津波」…

「保険はよくわからない。どの保険がいいの?」と聞かれたりすることがあります。特になんとなく勧められるがままに保険に加入した人は、景気がよくないこともあって保険を見直したいというケースが多いようです。保険を考えるときはシンプルに考…

カテゴリー

最近の記事

  1. 平成31年度税制改正大綱の法人課税の中に「法人税関係の中小企業向けの各租税特別措置等におけるみなし大…
  2. 2018年12月26日に国税庁の質疑応答事例が追加され、その中に空撮用ドローンの耐用年数を取り扱った…
  3. 昨年12月26日に日本公認会計士協会から「倫理規則」、「違法行為への対応に関する指針」及び「職業倫理…

ページ上部へ戻る