menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 仮想通貨で給与を支払うことの問題点とは?
  2. 「会社法制(企業統治関係)の見直しに関する中間試案」を確認(最終回)
  3. そういえば、四半期開示の存続はどうなった?
  4. 取締役の就任に委任契約の締結は必要か
  5. 「会社法制(企業統治関係)の見直しに関する中間試案」を確認(その2)
  6. 法人決算業務契約の途中終了での報酬額訴訟で税理士が勝訴
  7. 過去10年で監査人を複数回交代した会社は148社-3年で交代が最多
  8. コーポレート・ガバナンスコードの改訂案が公表-改訂後の報告提出期限は1…
  9. 「会社法制(企業統治関係)の見直しに関する中間試案」を確認(その1)
  10. 有価証券報告書と事業報告記載の一体化に向けた留意点(その3)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

カテゴリー:未分類

第349回企業会計基準委員会の審議事項の一つに「マイナス金利に関連する会計上の論点への対応 今度の進め方」というものがありました。平成28年3月期直前にマイナス金利の場合の退職給付債務の割引率をどうするのかというような点が問題となり…

平成27年9月2日に公布された「有価証券の取引等の規制に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」が9月16日に施行されました。今回の改正では、「知る前契約」「知る前計画」に係るインサイダー取引規制について包括的な適用除外規定が創設されたこと…

東京証券取引所が6月17日に公表した「東証上場会社における社外取締役の選任状況」によると、東証一部上場1,885社のうち、社外取締役を選任した会社は昨年の1,347社(74.3%)から1,735社(92.0%)へと大きく増加したとのことです…

3月31日に参議院本会議で平成27年地方税法が成立し、同日付で公布されたことをうけて、東京都は外形標準課税適用法人に係る法人事業税の超過税率「東京都都税条例及び東京都都税条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例(平成27年東京都条例第9…

経営財務3202号のニュースに「監査役協 改正会社法の社外要件厳格化で調査 上場会社の9%で社外取締役が資格喪失」という記事が掲載されていました。この記事では、日本監査役協会が昨年10月~11月に実施された調査結果が紹介されていまし…

システムエンジニアが既に逮捕されているベネッセの個人情報流出事件ですが、我が家にも1週間位前に「ベネッセコーポレーションより重要なお知らせです」が届いてしまいました。「個人情報漏えいについてのお詫び」というタイトルでA4の紙…

今日のYahooのトップニュースに産経新聞の「所得税の課税対象を個人から「世帯」単位に 政府・与党が見直しへ」という記事が掲載されていました。この記事によると、甘利明経済再生担当相が7日の閣議後記者会見で「(世帯単位への見直しが)税…

税務通信の3291号に”会社員の全量売電と消費税”という記事が掲載されていました。これは、国税庁が質疑応答事例に追加した「会社員が自宅に設置した太陽光発電設備による余剰電力の売却」についての記事です。この質疑応答事例の質問は…

以前”保守売上を期間按分している場合の消費税はどうなるのか?”というエントリで、2014年4月1日以降の保守料金を前受しているような場合に消費税はどうなるのかについて考えましたが、今後販売される分についての対応方法がいくつか事例としてみえて…

2013年4月8日に帝国データバンクが公表したレポートによると、3月末で期限切れとなった中小企業金融円滑化法利用後の2013年3月の倒産件数は42件でした。2010年7月以降の発生件数の推移は以下のようになっています。帝国デ…

カテゴリー

最近の記事

  1. 2018年5月号のビジネスガイドに木下達彦弁護士による「仮想通貨で給与を支払うことの問題点は?」とい…
  2. 「会社法制(企業統治関係)の見直しに関する中間試案」を確認(その2)の続きです。4.取締役等…
  3. 以前「四半期開示はなくなるか?」で取り上げましたが、日本経済再生本部が作成した「未来投資戦略2017…

ページ上部へ戻る