menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 減損検討に用いられる税前割引率はどうやって計算?
  2. 不適正開示の発生傾向
  3. 税務当局による情報提供要請権限が拡充へ
  4. 「一般被保険者」の定義解釈を誤り税理士に損害賠償請求
  5. 有給休暇を入社日に分割付与した場合の次年度分の付与日はいつ?
  6. 株主総会資料の電子提供は総会開催日の3週間前からとなる見込み
  7. 有償新株予約権の実務報告-68社中66社が経過的取扱いを採用
  8. 「取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定の再一任」の見直し案
  9. 株主総会の基準日変更-今年は0社(全株懇調査)
  10. SMBC日興証券の元社員がインサイダー取引関与の疑いで逮捕
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

カテゴリー:その他法人税

税務通信3535号に「税理士損害賠償事故例と予防対策ケース・スタディ」として「所得拡大促進税制 適用失念ケース」が取り上げられていました。この記事で取り上げられていた内容は、平成29年4月に「雇用者給与等支給額が増加した場合の法人税…

経営財務3565号に「ここが変わる!収益認識の会計・税務 第1回 商品券~非行使部分の取扱いに留意」という記事が掲載されていました。上記は、収益認識会計基準が適用された場合に、従来の会計処理から変更される論点を中心に、数回にわたり連…

税務通信3512号の税務の動向に「収益認識基準導入後も消費税の取扱いは変更なし」という記事が掲載されてていました。平成30年度税制改正によって、法人税法上は収益認識基準への対応が図られていますが、一方で消費税については特に変更が行わ…

T&A master No.738のスコープに”退職者を被保険者とする支払保険料も損金算入可”という記事が掲載されていました。この事案は、「法人である納税者(請求人)の従業員(退職者を含む)を被保険者(契約者および受取人は納税者)と…

間隔があきましたが、平成30年度税制改正を確認-法人税(その1)の続きです。平成30年度税制改正の法人税法の改正の主な内容について確認していきます。参考書籍は、「税制改正マップ (平成30年度)(あいわ税理士法人編)」と「どこがどう…

税務通信3506号の税務の動向に「税効果相当額の損金算入には明細表の添付が必須」という記事が掲載されていました。今までも必要だったのではなかったかなと思いつつ、記事を読み進めていくと、2018年2月16日の「税効果会計に係る会計基準…

平成30年度税制改正について確認していきます。参考書籍は、「税制改正マップ (平成30年度)(あいわ税理士法人編)」と「どこがどうなる!? 税制改正の要点解説 (平成30年度) 監修 朝長英樹」の2冊です。1.益金算入額・益金算入時…

T&A master No.728に掲載されていた日本税制研究所代表理事 税理士 朝長英樹氏の「従業員の出稿・出張に伴う税務(1)~出向編~」から前回積み残しとなった「留守宅手当」についてポイントと思われる部分を確認します。海外子会…

T&A master No.728の巻頭特集で、日本税制研究所代表理事 税理士 朝長英樹氏の「従業員の出稿・出張に伴う税務(1)~出向編~」が掲載されていました。当該記事では、出向者に対する給与の較差補填の考え方について、通達創設時…

前回に引き続き今回も税務通信3495号の税務の動向で取り上げられていたものですが、仮想通貨の法人税法上の取扱いについてです。会計上の取扱は確定していませんが、公開草案における基本的な方向性としては、活発な市場が存在する場合は、仮想通…

さらに記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

  1. 2018年6月にコーポレートガバナンスコードが改訂され、原則5-2において「経営戦略や経営計画の策定…
  2. 半年以上前の記事ですが経営財務3355号に、東証上場部の方による「事例から学ぶ適時開示 第1回 適時…
  3. T&A master No.766に「任意の情報紹介拒否なら強制力&罰則も」という記事が掲載されてい…

ページ上部へ戻る