menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. クレジットカードによる国税納付が2017年より可能に
  2. リスク分担型企業年金とはどんなもの
  3. 「有限責任監査法人」は一つの単語ではなかったと改めて気づきました
  4. 平成28年度税制改正に伴いすべての建附の減価償却方法を定率法から定額法…
  5. 所得税の重加算税が課せられるのはどんな時?
  6. 会社が認めていない定期代が安価になるルートでの通勤途上で負債した場合、…
  7. 株主リストに関するよくあるご質問
  8. 株主総会議事録に最低限必要な記載事項はなんですか
  9. 申告期限の延長は決算日から最長6ヶ月に-平成29年度税制改正大綱
  10. 平成28年中における会計監査人の交代は144社-T&A ma…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

カテゴリー:所得税

今回は、月刊国際税務の2015年11月号の「自社製品に組み込むソフトウェアの購入対価と源泉徴収の要否」という記事を参考に海外からソフトウェアを購入した際の源泉徴収の要否について取り上げます。上記の記事では、海外のソフトウェア開発会社…

税務通信3381号の税務の動向に「食事券の支給でも要件満たせば原則給与課税なし」という記事が掲載されていました。税務上の要件を満たしていれば給与課税がないというだけであれば、どうということもないですが、注目したのは”翌月に繰り越して…

税務通信3361号の<税務相談>に「源泉所得税《社宅家賃の経済的利益の取扱いについて》」という記事が掲載されていました。この相談内容の一つに「地方の支店は社宅といってもほとんどが借上社宅となっています。算式による通常の賃貸料の額によ…

賞与が支給される会社の場合、12月に賞与が支給されることが多いのではないかと思いますが、今回は賞与支給時の源泉徴収額の計算についてです。通常の場合、賞与支給時の源泉徴収額は以下のように計算することとされています。前月の給与か…

従業員が海外子会社に出向するようなケースにおいて、現地子会社で受け取る給料が日本での給与水準に比して低い場合、給与格差を補填するため留守宅手当というような名称で交差補填金が支給されることがあります。海外赴任差の給与については、購買力…

財務省は平成27年度税制改正で国外居住親族の扶養控除適用を厳格化する方針とのことです(T&A master No.572)。普通の人にとっては、ほとんど関係ない話ですが、日本の会社に雇用されている中国人などアジア圏の外国人労働者(ひ…

社内の親睦等を目的として組織されているサークル活動に会社から一定金額を助成する場合の税務上の取り扱いについてです。この点に関連すると考えられるものとして、所得税基本通達36-30があります。(課税しない経済的利益………

平成26年10月17日に所得税法施行令の一部を改正する政令(平成26年政令第338号)が公布され、通勤手当の非課税限平成26年10月20日に施行されました。これにより、通勤のため自動車などを使用している給与所得者に支給する通勤手当の…

前回の続きです。T&A Master No.565”士業の必要経費をめぐる問題で国税不服審判所が注目判断”という特集記事で取り上げられていた内容についてです。前回確認したとおり、以前の高裁判決では、弁護士会の会務に関連した懇…

T&A Master No.565に”士業の必要経費をめぐる問題で国税不服審判所が注目判断”という特集記事が掲載されていました。士業の必要経費性については、弁護士会役員を務めていた弁護士の会の活動に係る懇親会費等の必要経費性を巡って…

さらに記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

  1. 平成28年度税制改正で国税のクレジットカード利用による納付が可能になるというものがありましたが、20…
  2. 平成28年12月16日にASBJから実務対応報告第33項として「リスク分担型企業年金の会計処理等に関…
  3. 「有限責任監査法人」というのは株式会社などのように一連の単語のイメージがありましたが、そういえば「有…
ページ上部へ戻る