menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 早朝出勤時に支給される朝食の課税関係
  2. 負ののれんが赤字の原因?-RIZAP
  3. 書類添付漏れの訂正報告書提出は38件-2018年3月期有報
  4. 内部通報からの調査でゴーン氏逮捕-5年にわたり年10億円程度を過少記載…
  5. 料金体系によっては宿泊費も教育訓練費に該当-賃上げ税制
  6. 有報等に「監査法人の継続監査機関」等の記載が必要になるようです。
  7. 短信で「直近に公表されている業績予想からの修正の有無:有」としつつ、他…
  8. 臨時株主総会で監査等委員会設置に移行したのは常勤監査役が退任する必要が…
  9. 改訂CGコード対応「現時点でCEOの選任を行っておりません。」って・・…
  10. 自社株対価のM&Aが会社法でも可能になる模様
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

カテゴリー:有価証券(税務)

今回は100%子会社を清算した場合の清算損の取扱いについてです。実務上、関連する事案がしばらくなかったのですっかり頭から抜け落ちていましたが、経営財務3277号のミニファイル「子会社株式の減損と税効果」で関連する事項が取り上げられていました…

税務通信の3283号に”軽減税率の廃止とクロス取引”という記事が掲載されていたのを見て久々に思い出したので、今回は株式等のクロス取引の取扱いについて取り上げることにしました。結論からすれば、会計上も法人税法上もクロス取引は売買処理が…

2013年9月13日に企業会計基準委員会(ASBJ)から「企業結合に関する会計基準」、「連結財務諸表に関する会計基準」等の改正が公表されました。今回の主な改正は以下の三項目です。少数株主持分の取扱いの変更取得関連費用の取…

会計上は、株式方式と預託金方式の場合で、評価損を計上するか預託金部分については貸倒引当金を計上するかの違いがありますが、いずれにしても実質的に減価した部分について損失計上することになります。一方で、法人税法上の取扱いは対象となるゴル…

税務通信3218号(2012年6月25日)の「税務の動向」に「外国上場株の評価損“50%要件”は外貨ベースで判定」という記事が掲載されていました。外国株式を保有しているケースであっても、非上場の会社であることがほとんどだったのであま…

カテゴリー

最近の記事

  1. 税務通信3532号の税務の動向に「早朝出勤時に支給する朝食の課税関係を支給方法別に整理」という記事が…
  2. 産経新聞のネット記事に”RIZAP赤字の原因「負ののれん」って何 Q&A”というものがありました。…
  3. 経営財務3384号に同誌が2018年3月期の有価証券報告書に関する訂正報告書の提出件数を調査した結果…

ページ上部へ戻る