menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 早朝出勤時に支給される朝食の課税関係
  2. 負ののれんが赤字の原因?-RIZAP
  3. 書類添付漏れの訂正報告書提出は38件-2018年3月期有報
  4. 内部通報からの調査でゴーン氏逮捕-5年にわたり年10億円程度を過少記載…
  5. 料金体系によっては宿泊費も教育訓練費に該当-賃上げ税制
  6. 有報等に「監査法人の継続監査機関」等の記載が必要になるようです。
  7. 短信で「直近に公表されている業績予想からの修正の有無:有」としつつ、他…
  8. 臨時株主総会で監査等委員会設置に移行したのは常勤監査役が退任する必要が…
  9. 改訂CGコード対応「現時点でCEOの選任を行っておりません。」って・・…
  10. 自社株対価のM&Aが会社法でも可能になる模様
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

カテゴリー:組織再編

税務通信3529号に平成30年度税制改正において租税特別措置法の時限措置として創設された産業競争力強化法における特例制度を前提とする自社株式対価M&Aに係る課税の特例制度についての解説記事(「自社株式対価M&Aに係る課税の特例制度の全容と活…

T&A master No.714に「自社株対価TOB、親会社株を対象も」という記事が掲載されていました。平成30年度税制改正では、自社株式等を対価とした株式取得に応じた株主の株式譲渡益(法人)・譲渡所得(個人)への課税を繰り延べる…

T&A master No.703に「ヤフー・IDCFに続く否認事例が訴訟に」という記事が掲載されていました。この事案は、同誌No.695の”行為計算否認、ヤフーおよびIBM判決の影響鮮明”行為計算否認”という記事で「国税不服審判所…

カテゴリー

最近の記事

  1. 税務通信3532号の税務の動向に「早朝出勤時に支給する朝食の課税関係を支給方法別に整理」という記事が…
  2. 産経新聞のネット記事に”RIZAP赤字の原因「負ののれん」って何 Q&A”というものがありました。…
  3. 経営財務3384号に同誌が2018年3月期の有価証券報告書に関する訂正報告書の提出件数を調査した結果…

ページ上部へ戻る