menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 配当金は持参債務-株主が海外に居住している場合はどうする?
  2. 2016年3月期東芝の監査報酬は53億円-FACTA2017年4月号
  3. 仮想通貨(ビットコイン等)が消費税の非課税対象に
  4. 「法人税。住民税及び事業税等に関する会計基準」が公表されました。
  5. 株主総会で従業員株主が複数質問するも総会決議に著しい不公正がないと判断…
  6. セルフメディケーションの添付書類の見直し
  7. 不正アクセスでクレジットカード番号等の情報が流出した可能性を開示-GM…
  8. 取締役会の専決事項とされる「多額の借財」の「多額」はどのレベル?
  9. エフオーアイの粉飾決算で主幹事証券に賠償責任が認められた判決ー東京地裁…
  10. どうなるSOX?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

カテゴリー:英語

イスラエル発の無料英文チェッカー「Ginger(ジンジャー)」の日本における無料提供が2013年4月24日に開始されました。このGingerは、Ginger Software 独自の自然言語理解(NLU)プラットフォームが、オンラインで使わ…

以前、英語の勉強を兼ねて購読しようか迷ったことのあるフィナンシャル・タイムズ紙のお試しの案内が来ました。何故送られてきたのかは定かではありませんが、おそらくFT.comの無料会員登録をしているためではないかと思います。このお…

書店でThe Economistの以下の表紙のタイトルが目につきました。“The endangered public company”?“endangered”は絶滅の危機に瀕したというような意味だったような気が・・・(…

マイクロソフトの日本法人の社長をつとめたことがある成毛眞(なるけ・まこと)氏が書いた「日本人の9割に英語はいらない」という本を読みました。この本の帯には「英語ができてもバカはバカ」というのを見かけて興味をもちました。筆者は、最近…

私も全然知りませんでしたが、リスニングパワーという教材が楽天市場「英語ランキング」第1位を連続で獲得中で、売れているそうです。この教材の特徴は、スピードラーニングのように「自然と英語が話せるようになれる」というものではなく、「3…

英語を話せるようになるために今までいろいろやってきましたが、また何かやろうと思い検討した結果、Rosetta Stoneをやってみようという結論に至りました。英会話学校はGaba、ベルリッツ、日英英会話学院など通いましたが、どこかが…

本屋で以下の本を見かけて購入しました。以前この作者の「英語リーディングの秘密」およびその続編を読んで、いい本だったので見かけて即購入しました。問題が40問あって、それについて文法的な解説がなされているという感じの本です。いわ…

インターネットというものは非常に便利なもので、英語のヒヤリングの素材として伝説のスピーチと言われるようないくつかのスピーチを無料で聞くことができます。中には英語のキャプションがついているものまであって、非常に便利です。単にニュース等…

今日、ある人の車に乗せてもらったときに英語のニュースがながれていました。この英語の文章の独特の区切りと日本語が入る感じは・・・。「これは、もしかしてスーパーエルマーですか?」と尋ねると、「そうです。知ってるの?」と聞かれました。…

赤信号が青になるのを待っているときに、ふと思いました。「たくさんの人々が、赤信号が青になるのを待っている」って英語でなんて言うんだろう?ここでぱっと、英語が口からでてくるかどうかが英語が話せるということにつながるのだろう思います…

さらに記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

  1. 上場会社の場合、配当金の支払については信託が取り仕切ってくれるのであまり気にすることがない条文ではな…
  2. 東芝の粉飾決算が発覚後、いくつか興味深い記事が掲載されていましたFACTAの2017年4月号に「オリ…
  3. 平成29年度税制改正により、消費税法における仮想通貨の取扱いが変更になるようです。現行法においては、…
ページ上部へ戻る