menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ヤフー・IDCF事件に続き法人税法132条の2による否認事例が訴訟にな…
  2. 未払残業代の税務処理
  3. 弁当販売チェーン店の店長の管理監督者性が争われた事案
  4. 外貨建預金を原資とした株式等購入時の為替差損益申告漏れが散見
  5. 新収益認識基準が税務に与える影響は消費税が問題となりそうです
  6. 「採用選考ではない」と明言しつつ、事実上選考の場として懇談会を開催する…
  7. 不正会計発覚経緯は会計監査が最多らしいですが・・・
  8. 2名以上の独立社外取締役選任企業の割合は東証一部で88%に上昇
  9. IFRS適用検討会社数はこの位が限界か?
  10. 監査法人のローテーション議論が再燃
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

タグ:中国

副島隆彦氏の「中国バブル経済はアメリカに勝つ」で韓国哨戒艦沈没事件について述べられていた事項です。韓国哨戒艦沈没は北朝鮮の潜水艦からの魚雷によるものとされていますが、副島氏は「どうやら3月26日に現場にいた米原潜「コロンビア号」が事…

前回、副島隆彦氏の「中国バブル経済はアメリカに勝つ」で同氏の見通し等を紹介しましたが、同書の中で述べられていた尖閣諸島の問題についてです。陰謀説といわれてしまう内容ともいえるので前回は取り上げませんでした。尖閣諸島沖の中国漁船の拿捕…

GDPを基準とした場合、世界第2位の経済大国となった中国の将来については世界が注目しているところだと思いますが、将来の見通しについては色々な見方があるようです。中国の動向は日本にも大きく影響するので、私も中国について少し学ぼうといく…

中国に子会社がある会社の連結で、たまに三項基金というものが話題にあがることがあります。三項基金は以下の三つの基金のことです。①従業員奨励および福利基金②準備基金③企業発展基金これらの基金は利益処分により積立が行わ…

中国は2010年も二桁成長を維持したと見られているようです。すごいですね。しかしながら一方で、高度成長を遂げていながら社会不安が進んでいるとのことです。その原因の一つが、中国経済の打ち出の小槌に起因しているらしいのです。中国…

カテゴリー

最近の記事

  1. T&A master No.703に「ヤフー・IDCFに続く否認事例が訴訟に」という記事が掲載されて…
  2. 最近では未払残業というよりは、残業代支払の有無にかかわらず長時間労働のほうが注目されているように思い…
  3. 労政時報3934号の労働判例SELRECTに平成29年2月17日静岡地裁で判決が下されたプレナス事件…

ページ上部へ戻る