menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 一定期間災害保障重視型定期保険が1/2損金算入保険になるようです
  2. 四半期報告書作成の留意点(平成30年6月-第1四半期)(その2)
  3. 四半期報告書作成の留意点(平成30年6月-第1四半期)(その1)
  4. 2018年上期IPOは40件(PRO除くと36件)
  5. 商品券は非行使部分の取扱いに注意-収益認識会計基準
  6. キャンセル料100%ならキャンセルすると損なのか?
  7. 米国子会社に全部合算課税のリスクが問題となっているようです
  8. フレックスタイム制の清算期間の上限が3ヶ月に延長(19年4月より)
  9. 平成31年4月以降終了事業年度分の「勘定科目内訳明細書」が公表されまし…
  10. 18年4月以降に発行された報酬ではない有償ストック・オプションとは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

タグ:労働基準法

「働き方改革関連法案」が、平成30年6月29日、参議院本会議で可決・成立しました。この法案は労働基準法、労働安全衛生法など8つの法律の改正案を一つにまとめたもので、高度プロフェッショナル制度の創設などが話題となっていました。中小企業…

電通の新入社員が2015年12月25日に自殺したことを受けて過労死認定された件に関連して、違法残業があったのに必要な防止措置を取らなかったとして、労働基準法違反の罪に問われた電通の初公判が本日開かれたそうです。朝日デジタルの記事では…

平成29年5月26日に民法(債券関係)の改正法案が成立し、6月2日に公布されています。改正法の施行日は、公布の日から起算して3年を超えない範囲内において政令が定める日とされています。主な改正項目は以下の項目となっています。債…

厚労省から本日(5月10日)、労働基準関係法令に違反し、最近半年間に送検された334社の社名を公表しました。ただし、ここで公表されたのは「各都道府県労働局が公表した際の内容を集約したもの」とされていますので、未公表の情報が新たに公表されたと…

日本マクドナルド事件(東京地判平成20年1月28日)で、注目を集めた「名ばかり管理職」の問題ですが、確認ついでにまとめておきます。この判例が有名になったのは、マクドナルドの店長が労働基準法の管理監督者と認められなかったためです。つま…

インターネットを見ていたら、多くのサイトで経団連が節電に協力するために労働基準法の緩和を求めるということが紹介されていました。基本的にネタ元は毎日新聞の以下の記事のようです。 「節電策:消防法や労基法、柔軟に 経団連が規…

厚生労働省労働基準局からの通達により、「計画停電の時間帯における事業場に電力が供給されないことを理由とする休業については、原則として労働基準法第26条の使用者の責めに帰すべき事由による休業には該当しない」ため、労働者からすればこの間の休業手…

カテゴリー

最近の記事

  1. 100%損金算入が可能で解約返戻率が高いことから節税商品として人気があった法人契約のがん保険が1/2…
  2. 前回の続きで、今回は四半期報告書の記載事項のうち非財務情報に関する改正点を確認します。2.非…
  3. 平成31年3月期第1四半期報告書の改正点等をきちんと確認していなかったので、今回確認しておくことにし…

ページ上部へ戻る